So-net無料ブログ作成

ME AND MY GIRL(梅田芸術劇場 7/11 16:30) [観劇メモ]

まとぶん(真飛聖)ビルは、下町の、陽気でかわいくて、品のない青年(将来おっちゃん)。でも全然OK。そもそも、セリフが前回の月組と少し違う? 上院でのスピーチ練習の冒頭、「貴族のみなさん、貴金属のみなさん、自己満足のみなさん」って言ってたところが、「坊ちゃん、嬢ちゃん、よってらっしゃい見てらっしゃい」みたいな言い方になってるよね? ひょっとして今回、下層階級の行商人っぽさを、強調しようとしてる? いや、単に自分が勉強したからそう思うだけなのか? 貴族との差が出て、これはこれでいいと思うな。

ただ、緩急の「緩」がないのが残念。まやさん(未沙のえる)がすごいのは、緩急の「緩」があるところだと思うんだよね。って、まやさんと比べたら誰だって…なんだけど。

でね。あやね(桜乃彩音)サリーが意外によかったのよ! 高貴な持ち味だから絶対合わないと思ってたけど、そうではなくて、女役的な持ち味なのかな。はったりがきくというか。下層階級ゆえに自立せざるを得ない、小さい頃から働いて、15歳ぐらいで同棲相手を決めちゃう、そんな背景がしっかり見えて、よかった。

それになんと言っても、歌が上手くなってる(驚)。クリスティーヌ役でトップ就任するとき、お正月のインタビューで竹下さんが「天使の歌声ですが」って聞いたら、理事長「特訓せなあかん」って言ってたよ。それを思うと、すごい進歩だ……。

壮さん(壮一帆)のジョンは予想どおり嫌みでお茶目な感じが素敵。京(京三紗)マリアは年相応。ロンドン版のCDもこんな歌声だったな。みわっち(愛音羽麗)ジェラルドは楽勝でしょう。まあくん(朝夏まなと)ジャッキーは素直すぎてちょっとつまらないかも。オカマ風味はいいんだけど。もうちょっと悪い人であってほしいなあ、ジャッキー。はっちさん(夏美よう)のへザーセットは鉄面皮なのが逆に面白い。ふみかちゃんジャスパー卿(紫峰七海)は長毛の猫みたい。くしゃーっと笑うのが、なでなでしたくなる、無垢でかわいい。一家に一匹。マメ(日向燦)のバターズビー卿、あんな赤ら顔、タカラヅカでありなのか…、感心。ああいうおじさんいるよね。紳士ぽいんだけど、酔っぱらい。

まとぶビルに引っ張られて、全体にドタバタっぽいけど、階級の違いがよく出ていて、自分的には予習の成果があったような気がした初見でした。

::::::::本家はコチラです→a posteriori takarazuka:::::::
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。