So-net無料ブログ作成

閉鎖空間と志 [音楽学校裁判]

内藤朝雄という人の本を読んだ。いじめの加害者の側の心理(というか仕組み)を解説している。すごく納得した。


閉鎖的な空間では、独自の秩序が生まれる。「今・ここ」での「ノリ」が第一だという「秩序」。これは、市民社会における人道的ヒューマニズム(人間は対等だとか、命が大切だとか)と全く違うものなので、我々は驚いてしまう。しかし、彼らにとっては、人間の尊厳よりも「ノリ」のほうが大事。だから平気で同級生を自殺に追い込む。

さらに、教育という業界自体がまた閉鎖的で、独自の秩序がある。だから、先生たちも「教育の論理と司法の論理は違う」などと堂々と発言して、いじめを隠ぺいする。学校だけじゃなくて、職場や軍隊でも同じ。

うわー、わかるわかる! 全く別の「秩序」って、まさにそうだ。「教育の論理と司法の論理は違う、だから警察に相談しないし、裁判所の言うことも聞かない」って、音楽学校が言ってたよ! 「39人全員がルール違反だと言えば、客観的にそうではなくても、お前のしたことはルール違反なのだ」って優波慧が原告に言ってたよ! と膝を叩きながら読んだ。

え? てことは、宝塚はそもそも、いじめが発生しやすいってこと? 「伝統」の名のもとに、閉鎖状態が推奨されちゃってるじゃん。宝塚の良さの一つは、家庭的な共同体であるところ。だけど、それが、裏を返せば、いじめを生みやすい閉鎖的な状態ってこと?

…そんなこたぁ、気付いていたさ、とっくに。→この記事

でも、でもでもでも。

条件的にはそうだとしても。

じゃあ、過去の様々な美談はなんだったのだ? この裁判に関しても、OGが「そんなこと自分のときにはあり得なかった」と怒っているとか、漏れ聞こえてくる(ネットじゃなくてね)のは、なんなんだ? いじめが発生しやすい条件が揃っているのに、「あり得なかった」というのはなんなんだ??

多分、昔より閉鎖的になったんだと思う。昔はよく、授業さぼってファミリーランドで遊んでました的なエピソードを聞いた。ファンとジェンヌの距離も近かったそうだ(出待ちの延長でジェンヌの家まで行っちゃったとか)。音楽学校での変なルールも無かった。掃除は掃除のおばちゃんがやってた。

現代的な締め付けが、閉鎖空間をより強固なものにしたんじゃないんだろうか。

そして、「志」。「人道的に反することをしちゃいけない、だって「清く正しく美しく」なんだから」。とゆう「志」。それがあれば、いじめをヤバいと思うんじゃないか? 99%の人が「志」がなくて、1%の人しか「志」がなかったら、そりゃあ無理だけど、せめて50%の人に「志」があれば、こうはならないんじゃないか?

「志」を持たない人の入学が増えたってこともあるんじゃないかなあ。学校関係者も然り。

普通の学校なら、仕方なく入った人が大半だろうけどさあ。軍隊だって、下っ端の兵隊になりたくてなる人はほとんどいないだろうけどさあ。宝塚音楽学校だよ? 入りたくても入れない人がいっぱいいるんだよ? 「清く正しく美しく」をモットーに掲げて、しつこいほど連呼してるんだよ? どうしても入りたくて入ったんでしょ? 「志」があって入ったんじゃないのけ? 「スクールに通わないで入学するなんて、おかしい」って、生徒の親が原告側に言うぐらいだから、「宝塚に入ること=選ばれた人間が他人を蹴落としてチヤホヤされること」そんな輩が、多くなっちゃったってこともあるんじゃないかなあ…。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 2

こぶたもち

初めまして、こぶたもちと申します。
今年の派遣先が宝塚線になったので、宝塚について調べ始めたらいじめ裁判にたどり着き 、今更ながらに憤っております。
私は宝塚ファンではありませんが、子供の頃にベルばらブームを迎え、テレビでは鳳蘭さんや汀夏子さん、宝塚映画制作のドラマなど、身近な存在でした。
残念ながら今の宝塚って変な宗教みたいです。普遍的なモラルも存在しないような。
ネットの時代になって驚くのは、短時間で長い時間の流れを把握できてしまうこと。加害者側が舞台デビューしたものの反感を買い退団、被害者もあろうことかその手の類いの映像出演。
何のための入学だったんでしょう。
私自身は、ファンの皆様が書き込まれている内容を読ませていただくと、多くの方がちゃんとした判断や、劇団はこうするべきだったと大人の意見を述べられているのをみて安心ともいえる気持ちもありますが、残念ながら劇団にはその心が全く通じてはいないんですね。

素人が長々と無駄話をかきつらねて失礼しました。ただ被害者の方が私の母と同じ県の方でしたので、この事件に関してはついつい深く調べてしまい、どこかで書き込みしてみたかったので。
宝塚が、また昔のように身近だけどどこか華やかで憧れだった世界に戻りますように。
by こぶたもち (2017-10-15 22:04) 

竜眼

こぶたもちさん、コメントありがとうございました! この件について反応いただけて、とてもうれしいです。宝塚線で通勤されているんですね。関東人としては、いまだに、宝塚線と聞くだけで胸がときめきます(笑)。
そうなんです、ちょっとでも大本営に反対してはいけない、みたいな雰囲気で、まさに変な宗教です。
96期生も少しずつ退団し、一方で残っている生徒はそれなりに使われて、ファンの間で市民権を得つつあり、何も知らない(知っていても「いじめ」を問題視しない)ファンも増えています。こうして風化していくのだなあ、と残念に思っているところでした。(ちなみに、加害者の首謀と「思われていた人」は退団しましたが、それ以外の主要な生徒はまだ在団しています)
過剰な「指導」を野放しにし、大問題が起きてもなかったことにするのは、今の社会全体に通じるようにも思います。
「夢の世界」なのですから、率先して、みんなが幸せになれるような世界を実現してほしいです。
by 竜眼 (2017-10-29 13:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1