So-net無料ブログ作成

夜の蝶(三越劇場 6/8 15:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

新派を初めて見た!

ヅカファンには馴染みやすい世界だわ。
様式美と予定調和。

女形が主役。篠井さんがライバル役で客演。
でも男性役の男性も、女性役の女性もいるのがちょっと不思議。

内容的にはけっこうドロドロ。

新装開店のバーに、ライバル店のマダムがわざと割れたグラスをプレゼントする。
こっわ~!!
客席から笑いが起きるぐらいだった。

最後は(原作とは違って)人情でハッピーエンド。

いいぞ、楽しいぞ。

市川段治郎、月乃助あらため喜多村 緑郎、超かっこいい!
かっこよすぎて、ずっとキメの演技で、ちょっと疲れた(笑)
でも好きなんだよね~。
友人に、ふみか様を見せたとき、「段治郎の演技好きでしょ」と言われた、
ああ、そうだよ、そういう芝居が好きなんだよー。
よく考えたら、この芝居では、
仕事も裏切られて、女にも二股かけられて、最後は置いてけぼりで、
いいとこなしの役なのだが、言われるまで気づかなかった。

出演者がやたら多くて、一瞬しか出ない人がいた。。
下級生ってこと?

あと、昭和30年代の話とはいえ、
アルサロ(アルバイトサロン)とか、わからない人が多いのでは?
いや、年配のお客さんばかりだから大丈夫なのかな?

三越劇場もなんと初めて。ゴージャスでいいね~。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

夢現無双/クルンテープ 天使の都(東京宝塚劇場 5/23 18:30) [観劇メモ]

宮本武蔵の成長物語なんだろうけれども、
どうすれば成長なのか、今成長してるのかどうか、が
わからない。
エピソードのつぎはぎが続くだけ。

なんとか考えてみるに、
内なる暴力性をどうコントロールして武道の高みに近づけるか、
ということが成長なのかもしれない(原作読めばわかるのかな)。

でも、その暴力性ってのが、宝塚にはなじまない気がする。
宝塚では、軍人さんとかお侍とかしょっちゅう出てくるけど、
愛のためにとか美学のためにとか詭弁を弄して、
なんとか暴力性を隠すことが多い。

サイトー君はかつて巌流で宮本武蔵を描いたけど、
あのときは、佐々木小次郎が主人公で敗者の美学がテーマだったから、
気にならなかった。

正直、内面に一番変化があって主人公ぽいのは、
幼馴染で、佐々木小次郎を偽る青年じゃん。

あと、せっかくのチャンバラものなのに、立ち回りがダメダメだった。

…なんと、たまきちが腰を痛めていたとか。
そうか~。怪我人も多いし、働かせすぎなんだよ、宝塚。

美園さくらは歌がうまくて声がいいが、芝居が浮いている。

みやるり最後なのに内面があまりない役でもったいない。
でも、本当に美しく、主人公が追い求める相手として、びしっと決まってた。

清四郎は巌流の綺華れいが鮮烈だったので、
暁さんだと「あら、かわいらしい」ってなっちゃうね。頑張ってたけど。

相変わらず千海さんがうまい。

光月るうがすっかり重鎮ポジになっている。

月城さんの休演は残念だった。

代役にはいった、夏目雅子の姪、All for oneで王子様やってた子、
めちゃウマやん。見た目もいいし。

ショーは、タイをテーマにするのはきれいでエキゾチック。
たまきち&みやるりの紫色の場面が特に素敵だった。

でも、特定の国、特に欧米以外は、今時まずい面もある気がする。
タイ本国で上演禁止な『王様と私』をあんなに使うとは。

このモニョモニョした感じは、
日本も、欧米から下に見られて、
眼鏡で出っ歯の日本人、っていうイメージを映画や舞台で笑われてきたから。
そこまでいかなくても、オペラ『ミカド』とか、全然日本ちゃうやん、てのがいっぱいある。
にもかかわらず、欧米人と同じつもりで、
タイ人が見たら「ちゃうやん」「ひでえ」ってものを作ってる、
ってところ。

あれだ、「名誉白人」ってやつだ。
差別されてるのに、差別する側と同じに立って、新たな差別に加担する。

…そもそも宝塚が、欧米のレビューを輸入したものだもんね。
欧米ではアップデートされてるだろうけど、
日本でガラパゴス化して生き残ってるのが少女歌劇。

黒塗りショーも今後どうすべきか。
好きなんだけどねえ、黒塗り。

なんとなーく東南アジアとか、なんとなーくアフリカとかだったら
ええんかのう。架空の、想像上の国、みたいな感じで。。。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇