So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

怪人と探偵(KAAT 9/28 18:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

KAATがHEAD' UPに続いて? オリジナルミュージカルを作った。

よくできてるよー。
娯楽作品として最初から最後まで楽しめた。
伏線とか、なんでこのナンバーあるんだ? ってのが最後全部回収されたのがすごい。
深いことは特になんにもないんだけど。

まあ、中川あっきー主演でないと成立しないかもな。

怪人二十面相が、どこぞのお坊ちゃんにばけている、
というのが最初から観客にはわかっているんだけど、
そのお坊ちゃんの言動と、怪人としての行動が、
いつ合体するのか、それってすごい矛盾しないのか、
すごくハラハラしてた。

それを、ぐわあーーっとまとめて納得させてしまう、あっきーの狂気。

セリフが文学的なのがとてもとても良かった。
古き良き時代の空気があって、
でもテンポがいい。

時代設定もちゃんと明確で、
「北北西に針路を取れ」が公開されているとのことだから、1959年。
ということは、背景にある東京タワーは前の年にできたもの。
この時代が「怪奇」と思われるぐらい、時がたったのねー。

華族制度が崩壊して、元華族が困っている、という設定と、
乱歩の子ども向け二十面相シリーズが書かれていた最後の時期、ということだね。
しかし、この時代に「大東亜博物館」なんて名前の博物館はあっただろうか?
「大東亜」は忌避しそうだけど。
https://www.tobunken.go.jp/materials/nenshi/5393.html
戦前に計画はあったらしい。)

ほかの出演者も豪華豪華。
じゅりぴょん、今さん、しっかり笑いをとってありがたい存在。
水田さん、ほんと色っぽい。
明智探偵役の加藤和樹、はじめて見たけど、テニミュ系?
身体の動きがすごくきれい。

例の咲良さんが出ているので観ましたが、
今まで出た中で一番メジャーかも。

ところで、私の勤め先の名前が登場してました。
1959年ということは、永田町はまだできてなくて赤坂。
5時で閉館って言ってたけど、1954年の閲覧案内を見たところ4時半まででしたので、
この1959年も4時半までだった可能性が高いです。
     http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2934288/16
(ご自宅からは見られず、「図書館送信」に参加している図書館でのみ閲覧可)
以上、重箱の隅でした…。
まあ、台詞としては「5時」のほうが言いやすいですね。

よくできてたし、スターさんの見せ場もいっぱいあるから、
東京のACTあたりで再演するといいんじゃないかなあ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

カリソメノカタビラ(浅草九劇 9/14 18:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

オギー作、水さん主演。      
浅草九劇ってはじめて行った。すごく小さい劇場。             

素晴らしい作品でした。           
    
フランス革命の時代、女装してスパイをしていた、ボーモンという実在の人物。
これを、性同一性障害の女性(心は男性)という話に置き換えた。           
    
水さんの生真面目さがいきたね。      
色気と才覚で生きているけど、すごく真面目で、アイデンティティに悩んでいる。      
自分が納得できる生き方がしたい。その葛藤に涙涙。           
    
音楽もよくて、斉藤恒芳。
    
彼女を見出して王様に紹介する、劇作家として名を残した実業家ボーマルシェと、
紛れ込んできたイタリア人青年(カリオストロ伯爵と名乗る)。      
二人とも、水さんのことを好きなんだけど、それは絶対かなわない。      
三人での楽しい時間がまた切ない。           
    
水さん的には、愛する女性との時間があり、最後は忠義を果たすために…     
うう、泣ける。             

女性が男性と同じように活躍できる世の中になるかも?      
女性はやっぱり花に過ぎない?      
今、我々が、こういう女性差別がなくならないかな、と思っていることが、      
いろんな形で提示されている。           
実際の当時はもっとすごかっただろう。
    
歴史的な事実や人物がうまく絡んでるのがいいよねー。           
    
王様とか女王様とか次から次へと変幻自在の
植本純米(植本純さんが改名されたのね)、うますぎ、かわいすぎ! 
マリーアントワネットなどを演じた笠松はる、遠野あすかみたいだな。           
    
話もいいし、みなさん上手だから、      
ソロを熱唱する横で、花びらを扇風機で飛ばす、      
なんて演出が、笑いながらも感動できる。いやー、上質上質。      
浅草ならではの見せ物感を意識してるのかな?           
    
カリオストロ役の溝口琢矢、見たことあるような、と思ったら、
ヒストリーボーイズのアンダースタディ…ってつまり見てないってことか(笑)
    
ボーマルシェ役の坂元健児、安心のさかけん、
さかけんが出てればつまらないということはない。
    
そういえば、音楽がベルばらへのオマージュっぽく、
宝塚版もアニメ版も、ちょっとメロディー使ったりしてたな。
話自体も、オスカルの存在を、もっと深く今風にしたらこうなった、
と言えなくもない。
ラストのアントワネットの牢獄を訪ねる場面もね。
    
衣装がちょっとちゃちいが、最後には気にならなかった。

DVDも申し込んだぞ~。
オギーは最近、こういう小さな劇場で、少人数で、
ちょっとショーっぽい要素もある芝居、ってのが、いいなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

御披楽喜(本多劇場 9/14 14:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

柿喰う客で今まで見た中で、一番わからなかった。
ここまでわからないと、ちょっとつらい。

美術大学の同窓生が、恩師の13回忌に集まるという話。
美大あるあるなエピソードが、柿らしくグロテスクに誇張されていて、
それぞれは面白い。
芸術ってなんだろう的な(ごめん、陳腐な言い方しかできん)
深いテーマも垣間見える。

漫画家になった人と、版画家になった人が、
漫画で描かれる架空の同窓生たちの未来と、現実とで、
戦っているのかな?? で、結局美術館はどうなったの?
わからない。ううう。

アフタートークで、
分かりすぎるセリフは削っている、
理解に追い付かれないよう、走っている、と言っていて、
うまい表現だなと思った。
その疾走感が柿のいいところだ。
しかし、全く追い付けないと、つらいよ~。

田中穂先の存在感がますます増していた。

玉置は、才能ないからこそ美大に残って生き残ることにした、こずるい役で、
あまり似合う見せ場がなかったように思う。残念。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

今日もわからないうちに(シアタートラム 8/30 19:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

ゆうひさんが専業主婦をやっている。意外。

BSでやってた『在庫に限りはありますが』と同じ「た組」の作品。
テーマは似ている。

 一見うまくいっている夫婦の不和。
すばやくかわされる、自然なようでいてかえって不自然な会話。
しれっと登場する暴力。

家だけを忘れてしまう専業主婦。
浮気していた夫も、反抗していた娘も、サポートに回る。

専業主婦の父親ってのが、お金をたかるしょうもないやつで、
女性を持ちものだと思っているようなやつ。
串田和美なんだけど、ほんとに反吐が出るような役作りですごかった。

娘の役の池田朱那、テンション高くて勢いがある。
この子の存在が、話を前向きにしていた。

夫役の鈴木浩介、ひょうひょうとした感じも、怖くて面白い。

ゆうひさんが主婦なんて似合わないような気もしたけど、
だんだん記憶をなくしていって呆然としたり、
しれーっとお父さんを見ていたりするその「冷たさ」が、
ああ、ゆうひさんらしいなと思った。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

人形の家part2(紀伊国屋サザンシアター 8/17 17:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

あの人形の家の続編を、ごく最近書いたもの。
よくできてる。

当時のノルウェーの女性は、自分からは離婚できなかったんだって!
しかも、自分ひとりでは仕事の契約をしてはいけないんだって!

家出をしたあと、夫が離婚の手続きをしていなかったと知らず、
ひとりで仕事をしてきたノラが、
そうした法律違反で訴えられそうになり、
久々に家に戻って、夫に離婚してくれるよう頼む、という話。

ノラはあのあとどうしたんだろう、と誰もが思うよね。
このお話では、作家になっているのだ。
そして女性たちの共感を得ていると。

でもやっぱり制度の足かせ、世間の目がある。

登場人物はほかに、乳母と夫と娘。
それぞれとの会話がどれも面白い。

特に娘。
娘は、いわゆる普通の結婚をしようとしている。
だって私は家族がほしかった、母親がいなかったから!
となじられると、ノラも言い返せない。

この娘の役の人がうまかった。
那須凛というそうだ。
低くてよく響く声が、得体の知れなさを感じる。

夫の山崎一がけっこう素敵で、
ああ、そういえば、前に見た人形の家ではあっくんがやってて、
それまたある意味素敵だったわよね…としみじみ。
暴力もふるわないし、浮気もしない、基本いい人、
でもでもでもでも、なのよねえ。
夫が最後折れて離婚してくれるんだが、      
上から目線でほんとムカつく、そこがミソ。
    
肝心のノラ役の永作博美が、噛みつくような発声と、
いかり肩っぽい姿勢が気になり、
セリフがなかなか頭に入ってこなかった。
ノラが外に出て頑張ってきた結果こうなったのだろう、と思えなくもないが、
もう少し、緩急のある芝居で見たかった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

魍魎の匣(銀河劇場 6/28 19:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

原作の京極堂シリーズは15年ぐらい前に読んだきり。
シリーズ中で、これが一番完成度が高いと思った記憶があるので、
舞台化は納得。

しかし、私は当時、木場を湖月わたるで、榎木津を紫吹淳で観たかったのよー!!
この好み、わかってくれる人がどれだけいるかなあ~。

なんとまあ、ヒロイン役で出るとはね。

長い原作をぎゅっと縮めて、しかも2時間15分という短さ。
スピード感があって、しかもちゃんとまとまってた。
まあ、原作が完成度高いってのもあるんだけども。

舞台装置が「箱」を重ねたような感じで、
部屋や駅のホームも「箱」を動かすことで表現。
最初そっけなく感じたけど、案外面白いのかも。

登場人物も(すごい思い入れあるわけではないので)、
どれも、まあまあイメージ通りだな~、と合格点。

主役の橘ケンチというのはEXILEの人らしい。
ちょっと早口が気になったけど、最後の言い負かす迫力が良かった。
木場役の内田朝陽がすごくいい声。

関口役の人が、頭抜けて上手かった。
深い演技をしている。
役に入り込んでいるんだけど、客観性もあって、笑いも取れる。
声もすごくいい。誰だ、これ。
高橋良輔というらしい。私、観たことないかしら?
関口って、原作だと、陰気な印象しか残ってないんだけど、
舞台でいろんな登場人物がしっちゃかめっちゃかに登場するのを、
「語り手」として、彼が見て彼が感じた物語だと見せることに、
ちゃんと機能している。

リカちゃんは演技は悪くない。
突拍子もない設定も、こういう浮世離れした人ならしょうがないかな、という。
ただ、見た目が、ちょっとかわいく作りすぎでは…?
帰り道、「やっぱり宝塚の人は華がすごいね!」「足きれい!」
という声を複数聞いたので、ファンの目は厳しすぎますかね(笑)。

しかし、演目によってはガラガラの銀河劇場が、
立ち見も出る盛り上がりよう。
アイドルとかテレビの中の人ではなく、
舞台に出てる若い役者さんを追っかけている人がけっこういるんだなあ。
脚本、演出の人も、ゲームが元になった舞台とかを作っているらしく、
全然知らない人だった。
自分の知らないところで、生の舞台のニーズがちゃんとあるようで、
それはうれしく感じた。

あと、原作ファンらしき会話をしている若い人もけっこういて、
読み継がれているんだなあ、と驚きました。(二次創作とかもあるのかも?)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

オーシャンズ11(東京宝塚劇場 6/15 15:30) [観劇メモ]

終始、なつかし~! と思いながら観ました。
花組、すんごい通ったもんねー。

エコホテルっていう設定も、まあ今のところ古びてはいないかな。

ダニーとラスティが銀橋で歌うのは、新曲かしら?
かっこいい!

キキちゃんのラスティが、洒落男っていう設定なのね。
ジョンソン先生とのギャップがすごい。
北翔さんは盛り上げ役って感じだったので、
ジョンソン先生も自然だった。
どっちも個性。

桜木さんのベネディクトはほんとに怖く感じるときがある。
だいもんは、真面目な人なんだろうなーって思ってた。
どっちも個性。

あっきーのフランクが文学的で、ほんとこの人の芝居はいい。

蒼羽りくのダンスを見納めた。

星風まどかのたたずまいは夢咲ねね、
セリフまわしは蘭はな。
芝居のテンション高い人なので、独自の演技を期待したのだが。

すっしーさんが、歴代で一番よぼよぼのソールだった。
そっちのほうが話としては、しっくりくる。

真風さんが、前よりも楽しく演じているふうだった。
演目によるのかしら。

ららちゃん、ますますかわいくなった! いいぞ!

若き日のテス、誰この美人さん。
今どきにしては古風で珍しいタイプじゃない? 好みー。 
夢白あやっていうんだ。
新人公演ヒロインなんだね。いいぞ!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

夜の蝶(三越劇場 6/8 15:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

新派を初めて見た!

ヅカファンには馴染みやすい世界だわ。
様式美と予定調和。

女形が主役。篠井さんがライバル役で客演。
でも男性役の男性も、女性役の女性もいるのがちょっと不思議。

内容的にはけっこうドロドロ。

新装開店のバーに、ライバル店のマダムがわざと割れたグラスをプレゼントする。
こっわ~!!
客席から笑いが起きるぐらいだった。

最後は(原作とは違って)人情でハッピーエンド。

いいぞ、楽しいぞ。

市川段治郎、月乃助あらため喜多村 緑郎、超かっこいい!
かっこよすぎて、ずっとキメの演技で、ちょっと疲れた(笑)
でも好きなんだよね~。
友人に、ふみか様を見せたとき、「段治郎の演技好きでしょ」と言われた、
ああ、そうだよ、そういう芝居が好きなんだよー。
よく考えたら、この芝居では、
仕事も裏切られて、女にも二股かけられて、最後は置いてけぼりで、
いいとこなしの役なのだが、言われるまで気づかなかった。

出演者がやたら多くて、一瞬しか出ない人がいた。。
下級生ってこと?

あと、昭和30年代の話とはいえ、
アルサロ(アルバイトサロン)とか、わからない人が多いのでは?
いや、年配のお客さんばかりだから大丈夫なのかな?

三越劇場もなんと初めて。ゴージャスでいいね~。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

夢現無双/クルンテープ 天使の都(東京宝塚劇場 5/23 18:30) [観劇メモ]

宮本武蔵の成長物語なんだろうけれども、
どうすれば成長なのか、今成長してるのかどうか、が
わからない。
エピソードのつぎはぎが続くだけ。

なんとか考えてみるに、
内なる暴力性をどうコントロールして武道の高みに近づけるか、
ということが成長なのかもしれない(原作読めばわかるのかな)。

でも、その暴力性ってのが、宝塚にはなじまない気がする。
宝塚では、軍人さんとかお侍とかしょっちゅう出てくるけど、
愛のためにとか美学のためにとか詭弁を弄して、
なんとか暴力性を隠すことが多い。

サイトー君はかつて巌流で宮本武蔵を描いたけど、
あのときは、佐々木小次郎が主人公で敗者の美学がテーマだったから、
気にならなかった。

正直、内面に一番変化があって主人公ぽいのは、
幼馴染で、佐々木小次郎を偽る青年じゃん。

あと、せっかくのチャンバラものなのに、立ち回りがダメダメだった。

…なんと、たまきちが腰を痛めていたとか。
そうか~。怪我人も多いし、働かせすぎなんだよ、宝塚。

美園さくらは歌がうまくて声がいいが、芝居が浮いている。

みやるり最後なのに内面があまりない役でもったいない。
でも、本当に美しく、主人公が追い求める相手として、びしっと決まってた。

清四郎は巌流の綺華れいが鮮烈だったので、
暁さんだと「あら、かわいらしい」ってなっちゃうね。頑張ってたけど。

相変わらず千海さんがうまい。

光月るうがすっかり重鎮ポジになっている。

月城さんの休演は残念だった。

代役にはいった、夏目雅子の姪、All for oneで王子様やってた子、
めちゃウマやん。見た目もいいし。

ショーは、タイをテーマにするのはきれいでエキゾチック。
たまきち&みやるりの紫色の場面が特に素敵だった。

でも、特定の国、特に欧米以外は、今時まずい面もある気がする。
タイ本国で上演禁止な『王様と私』をあんなに使うとは。

このモニョモニョした感じは、
日本も、欧米から下に見られて、
眼鏡で出っ歯の日本人、っていうイメージを映画や舞台で笑われてきたから。
そこまでいかなくても、オペラ『ミカド』とか、全然日本ちゃうやん、てのがいっぱいある。
にもかかわらず、欧米人と同じつもりで、
タイ人が見たら「ちゃうやん」「ひでえ」ってものを作ってる、
ってところ。

あれだ、「名誉白人」ってやつだ。
差別されてるのに、差別する側と同じに立って、新たな差別に加担する。

…そもそも宝塚が、欧米のレビューを輸入したものだもんね。
欧米ではアップデートされてるだろうけど、
日本でガラパゴス化して生き残ってるのが少女歌劇。

黒塗りショーも今後どうすべきか。
好きなんだけどねえ、黒塗り。

なんとなーく東南アジアとか、なんとなーくアフリカとかだったら
ええんかのう。架空の、想像上の国、みたいな感じで。。。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

紫峰七海ライブ(銀座NU dish 4/6 18:00) [観劇メモ]

銀座にあるNU dishというビーガンカフェで、
週末に宝塚の元生徒のライブを行っているそうです。
トップさんとかでなくても、小さなスペースでがっつり歌が聴ける、
すごくいいことですよね。

で、我らがふみか様が登場。
どんなんなのかなーと思って出かけましたが、
すんばらしいものでした!

全部宝塚の曲(ほんと、宝塚大好きよね…)
構成も自分で考えたそうで、
ファン時代の曲、自分が下にいたトップさんたちのそれぞれの時代の曲、
後半はなんと、ぴーちゃん(鳳真由ちゃん)がゲストで、
ぴーちゃんの思い出の曲、ぴーちゃんとの思い出の曲。

現役でいたら、こんな曲まるまる歌うことないよねー
という曲を、がっつり聴ける、この喜び。

それがまた、上手いんですわ。いや、歌がっていうよりは、芝居が。
そう、歌が芝居になってるんです。ちゃんと。
土方さんは、ほんとに土方さん、
ギャッツビーは、あ、このあと死んじゃうんだな、とわかる芝居、
さすがだあああ!!

曲の順番なんかも、ちゃんと緩急ついてて、構成力もさすがです。
これは、ピアノ演奏&アレンジの初花美咲ちゃんのおかげなのかもしれないです。
(かわいらしい娘役さんでしたが、今はショートカットがボーイッシュで超キュート)

ぴーちゃんももちろん、歌に芝居心があって、
あっというまにそこがメイフェアになったりして、はあ、ありがたや。
もちろん、二人で「地獄の沙汰も金次第」を歌ってくれましたよ~。

ふみか様は退団のときの白いスーツ。
(なんと、ぴーちゃんは色違いで同じブランドの黒スーツ!)
長い髪を後ろで束ねて、ちょっとターコさんみたい。
そうそう、『はばたけ黄金の翼よ』からも歌ってくれました。

ほんとターコさんみたいな色気でしたよ。(メイクはツレちゃんぽかった)
辞めて3年、男役がますます進化している…? ほれぼれ。

そしてアンコールがなんと、『ファントム』の親子銀橋の歌!
ぴーちゃんは新人公演でエリックを、
ふみか様は新人公演でキャリエールを、それぞれ別の時にやっているわけです。
ぴーちゃんのエリック、映像で見てすごく好きだった~
繊細で、心のひだがすごくよく見えて、守ってあげたくなる、
ふみか様キャリエールは、はまった頃、映像で何度も見ました~
包容力、罪悪感と愛情の入り混じった深い演技、
それが夢の共演ですよ!!!
新人公演のときより学年上なんだから、うまくて当然なんだけど、
ぱっと切り替わる瞬間、うわあ、二人ともほんまもんの役者やーって鳥肌、
あっという間に引き込まれる、二人の世界。
生で観たのは初めてです、私。まさか観られると思ってませんでした。
客席、号泣。
ああ、これって愛情を確認し合うっていうだけの場面じゃなくて、
互いに罪を懺悔しあい、許し合う場面なんだ、って
そんなことまで感じました。

忘れられない夜になりました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -