So-net無料ブログ作成

ゲゲゲの先生へ(東京芸術劇場 10/12 19:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

前川さんが水木しげるリスペクトを形にしたという。

面白いんだけど、
いつもの前川脚本とは違う印象。

いつもは緻密で、緊張感がある。
こんな状況、一体どーすんだーーって、ジリジリする。

でも今回はかなりゆったり。
ネズミ男をモデルにした人物が主人公で、だらだらしているせいなのか。

いや、そもそも水木作品がそういうゆったりした持ち味だからかも。

それに、大きな劇場だから???
でもセットの透明な樹木はとっても素敵。

あと、水木作品に詳しい人なら、
あの妖怪をこう使うかー! と興奮して、
ゆったりしてるヒマないのかも。

直接的な政権批判もあって、
そうそう、水木しげるって、弱者の味方、庶民の味方だよね、
と胸が熱くなる。
でももちろん、ユーモラスで笑えるの。

佐々木蔵之介は生で見るのは『非常の人』以来。
顔といい、ひょろっとした感じといい、ネズミ男、もとい、
孤児で詐欺師の根津にぴったり。

松雪泰子が雪女。
昔はサバサバしてて色気がないなあと思ってたけど、
年とって色気出てきた。っていうか、「型」を見に付けたのかも。

白石加代子はナチュラルに化け物だった。

水田航生くんがふつーの役で、ちょっと役不足。

池谷のぶえの妖怪がものすごかった。
コケカキイキイという妖怪。水木作品にあるんですねえ。
ちょっと忘れられない造形。かわいい。

ラスト、ちゃんとイキウメらしくカタルシスがあるのが良かった。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

MESSIAH / BEAUTIFUL GARDEN(東京宝塚劇場 9/23 15:30) [観劇メモ]

原田にしてはまだマシだった。
弱い側が強い側と闘うというのは、宝塚でもよくある題材(独立戦争とか)で、
共感を得やすく、また、起承転結がつけやすいからだと思う。
(一揆ということで、くーみんの星逢に対抗したかったんだろうか?)

みりたんが「リーダー役」をやった、ちゃんとできてた、というのが
この作品の重要な点かもしれない。
(清さまみたいな、すねた少年ではなく)
トップさんらしくなったね~。

でもやっぱり、主人公の心情がよくわからない。
天草四郎が元海賊というのは、喧嘩に強かったり、
宝塚的かっこよさを出すために必要な設定なんだろう。
でも、海賊として野蛮に生きてきた青年が、
貧しいのに面倒みてくれる人たちに心を開く…
と思ったら、昔の仲間に誘われてまた盗みをする、え、なんで?
で、人々が苦しんでいるのを見て、突然リーダーになる、え、なんで?

あと、神は人間の心の中にいるんだ、と主張しておきながら、
みずからが神のようになってしまうことが、おかしくないか?

結局、イエスキリストが天草四郎に置き換わっただけで、
民衆からしたら、信仰のあり方は全然変わっていない。
むしろ、実体を持ってしまったからこそ、狂信的に盛り上がってしまう。
言ってることとしてることが矛盾してる。

もし修正するなら、
「神は人間の心の中にいる、
その内心の自由を侵すものに対して戦おう、
これは個人主義のための戦いだ」
ということにすればいいんだろうけど、
それはあまりに近代的すぎて、
この時代、それは有り得なかっただろうなあ。

それに、「無駄死にしちゃだめだ!」と言いつつ、
無謀な戦いに突入するのも、矛盾。

だから、島原の乱を現代人に伝わりやすいように、
ヒューマンな要素を入れたら、
完全に破たんしてしまった、ということだ。

登場人物は大体みんな実在の人なのね。
柚カレーの役は知らなかったけど、そんな人がいたのね。面白い。
あ、この人もやっぱり、
最後の行動が意味不明だったなあ。

天草四郎の最後を見届ける敵方(綺城ひか理さん演じる)、
この鈴木重成って人はそのあと本当に天草の代官になって、
天草の味方になって自害した説もあるのね、へ~へ~。

ひろさんが、びしいいっとしめてくれたのがありがたかった。
この子はわしが面倒みる、って、
説得力なかったら、ますます支離滅裂な話になってしまうところだった。

あとやっぱり、ブーツなのが気になる。
衣装もちょっとおしゃれっぽいのだが、野良着でそれってどうなんだ。

ちなつ様の悪役が、白目ひんむいてるのがかっこよかったなあ。
マイティが冷たい官僚っぽい役で、ちょっと珍しかった。
タソの泥臭いぐらいの悪役も、最後にコテコテでよかった。
紅羽さんの家光も、鷹揚で位高い感じが素敵。
(持ち味として、位高くてお金持ちそうってジェンヌさんが、
あんまいないんだよなあ)

ショーはアナスイっぽいゴテゴテで、
ビューティフルガーデンというよりは、耽美なお庭。
盆が回ったりするフォーメーションはやっぱり面白いけど、
散漫ではある。
K-POP場面? は騒々しくて受け付けなかった。

一番良かったのは、
ゆきちゃんが若手男役をひきつれてスワンダフルを歌うところ。
これこれ、ゆきちゃんがトップ娘役であるからには、
こういう1920~30年代的な雰囲気のショーが観たいんだよ!
すんげーかっこよかった。
えっ、ゆきちゃん次で退団!? のおおおおお!!

そこから続くサマータイムも良い。
歌ウマな愛乃一真くん、代役だそうだが初認識、
飛龍つかさくんも、めっちゃ歌ウマなのね~。
っとこれら、ガーシュインの曲かな?
続く男役群舞も。
野口の芝居『フォーエバーガーシュイン』はひどかったけど、
ショーとしてなら、このあたりのテイストは断然レベル高い!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇