So-net無料ブログ作成

オーシャンズ11(東京宝塚劇場 6/15 15:30) [観劇メモ]

終始、なつかし~! と思いながら観ました。
花組、すんごい通ったもんねー。

エコホテルっていう設定も、まあ今のところ古びてはいないかな。

ダニーとラスティが銀橋で歌うのは、新曲かしら?
かっこいい!

キキちゃんのラスティが、洒落男っていう設定なのね。
ジョンソン先生とのギャップがすごい。
北翔さんは盛り上げ役って感じだったので、
ジョンソン先生も自然だった。
どっちも個性。

桜木さんのベネディクトはほんとに怖く感じるときがある。
だいもんは、真面目な人なんだろうなーって思ってた。
どっちも個性。

あっきーのフランクが文学的で、ほんとこの人の芝居はいい。

蒼羽りくのダンスを見納めた。

星風まどかのたたずまいは夢咲ねね、
セリフまわしは蘭はな。
芝居のテンション高い人なので、独自の演技を期待したのだが。

すっしーさんが、歴代で一番よぼよぼのソールだった。
そっちのほうが話としては、しっくりくる。

真風さんが、前よりも楽しく演じているふうだった。
演目によるのかしら。

ららちゃん、ますますかわいくなった! いいぞ!

若き日のテス、誰この美人さん。
今どきにしては古風で珍しいタイプじゃない? 好みー。 
夢白あやっていうんだ。
新人公演ヒロインなんだね。いいぞ!

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。