So-net無料ブログ作成

ブルーオレンジ(DDDクロスシアター 4/12 19:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

イギリスの戯曲。
精神病院で、退院する人格障害の患者(黒人)と、
退院させたくない(統合失調症を疑っている) 若い研修医、
ベッドの回転率と出世しか興味がないからどんどん退院させようとする上司。
この3人だけ。

異常と正常の差はどこにある?
精神病に人種が与える影響は?
デリケートな問題を次々つきつけてくる。

医者どうしがののしり合って、それを患者が眺める、という逆転がおきたり。
言うこと聞かない部下を 、上司が精神病だとみなして追い出そうとしたり。

患者のいうことは、本当なのか、妄想なのか、こっちも惑わされる。
いやー、挑戦的な芝居だ。

ただちょっとセリフが、ん? どういう意味?
って考えてる間に次へ次へと進むので、追い付いてなかったかも。

上司役は千葉哲也。
昔『黒蜥蜴』の明智をみたけど、おじいちゃんになったなあ。
サイコパスっぽくてすごーく怖い上司だった。
研修医は成河。評判には聞いていたけど、観るのはじめて。すごい演技派。
患者はこないだテイクミーアウトでみた章平。
また黒人の役だ。キレたり甘えたり、くるくる変わって引き込まれる。

部屋の外の空間を示す扉の使い方がうまかった。

戯曲を吟味してもう一度観たい感じのお芝居。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。