So-net無料ブログ作成

そのほか観たもの [観劇メモ(ヅカ以外)]

●天国と地獄(KAAT 1/26)

咲良さんがアンサンブルで出るので観ました。
冒頭、新婚さんの役でフレッシュに、途中ではセクシー秘書など、
いろんな役を演じ分けてました。

昔はド下手だと思っていた観月ありさが、そこそこの型を作ってたのが驚きだったのと、
「誰だ、このおじさん」と思ったのが、野村宏伸だったのと、
なんといっても「誰だ、この美老女」と思ったのが、高島礼子だったこと。華がある~。

手塚治虫の低迷期の漫画が原作だそうだけれども、
全然違う、ヒューマンな親子ものになってました。

観月ありさの相手役の人がけっこう上手かった。

●どうぶつ会議(新国立劇場 2/1)

井上やすしの大昔の作品。
着ぐるみで動物を演じる、子供向けのもの。
動物たちが、子供を人質にとって(というか結託して)、
人間の大人に反省を求める、という、
すごくストレートなお話。


着ぐるみや動物の造形がなかなか気が利いていて、ちゃんとした作品たりえている。

主人公の栗原類、その兄(兄ですぞ)のライオンのユウヒさん
(骨折? 杖をついているのを長い脚ということにしていて、それも上手い)
はもちろんのこと、どの人も上手かった。動物の動きがすごい再現できてる。
特に、ユウヒさんの参謀役の上山竜治がかっこよかった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。