So-net無料ブログ作成

白鷺の城 / 異人たちのルネサンス(東京宝塚劇場 12/4 18:30) [観劇メモ]

たっくん初めてのショー。

まずは日本もののお化粧が上手くない。気になる。
ふみか様ー助けてー。

ちゃんと事前にパンフ熟読。
なるほど、狐のいろんなお話しを次々見せるっちゅう筋書きなのね。
狐の逸話ってこんなにたくさんあるんだなあ。

場面転換とかは上手い。わあーって思う。
でもなんか単調なんだよね~。
やっぱり芝居の人だから?

とにかく、装置がしょぼいと思うの。
星型(なんていうんだっけ)を切るところとかは映像がちょうどいいけど、
それにしても、背景や地面がすっからかん。
衣装にお金使い過ぎちゃったんだろうか。。。
トップ二人のお衣装は素敵。

あと、主人公をこの二人って定めすぎちゃってるから、
いつも真風さんが歌ってるって印象になっちゃう。
これはストーリーのあるショーだと難しいのう。

まどかちゃんが、あやかしの者に見えないのもつらい。
檀れいのドルチェヴィータを求めてしまう…。
ただ、お姫様で豪華なかんざしつけてるナリだと、
童女の妖怪って感じで、これはよかった。
そのナリで歌いだすと、さすが歌ウマさん、
こっちに響いてくる。

陰陽師と狐が、輪廻転生しながらずっと求め合ってるって話で、
両想い感が劇場に満ちてきたところが、
めっちゃくちゃうっとりした。

で、死んでカタルシスー。
なのに、あっさり松本先生が出てきて、生き返っちゃって、
なんだかポカン…。

でもたっくん頑張ったと思う。ひいき目。


芝居は、ダビンチが主人公ではなくて、
ヒロインが主人公で、
性奴隷としてとらわれていたが、幼馴染が助け出そうとしてくれた、
パッツィ事件とからめてます、って話だよね?
それなら全然よくできてると思う。
たまたま幼馴染が画家で、理系の才能もあって、
あ、あの有名なあの人なのね、へー、っていう。
だからタイトルとかサブタイトルとかが合ってないやね。

それにしても、
修道女が、「許しを乞う」という名目で司教に性奴隷にされて、
スパイとして名家の妾にさせられる。
当時としてはよくあったことなんだろうが、
現代に、しかも宝塚歌劇のメインの設定でやるのはどうなんだろうか。
せめて、司教様とのことを想像させないふうにできなかったですかね。

彼女が完全にだまされているんだとしたら、
それはちょっと頭が…ということになって、反吐が出そうに痛々しい。
一方、だまされてなくて、ただ耐えてるんだとしたら、
やっぱりつらすぎる。

王妃マルゴとかみたいに(イメージです。『サンクチュアリ』の。)、
本人もそこを承知で生き抜いてやる、みたいな野心家であれば
まだ許容できるのだが。

『サンクチュアリ』の100年ぐらい前の話ですか?
衣装が素敵だなー。特に、オレンジのドレス。

愛月さんがすっかり怪演の人になって、プガチョフもいけそうだ、素晴らしい。
凛きらのひげー。
この二人のひげをひたすら愛でていた。

キキちゃん、台詞回しがすごく良くなったね。
声質で損していたけど、それを乗り越えた。

桜木さんは力強い役が続くねー。
昔は弟キャラだったのに、頼もしいねえ。

真風さん、全体的に好きなんだけど、
なんとなく、ふわーっと上をなでている感じがする。
もっと、役にがががっと入ってくれないものだろうか。

あ、そうだ、フィナーレの、真風さんの横に、
せーこちゃんとえびちゃんが並んで降りてくるやつ、
超絶かっこよかった。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。