So-net無料ブログ作成

OSK夏の踊り、というか真麻さん [観劇メモ(ヅカ以外)]

7/6、新橋演舞場で16:00公演を観ました。
高世さんの退団公演ですが、
正直、真麻さんしか見てませんでした。

真麻さんは次の公演で退団するという。
東京ではこれが最後。

すべての動きが美しい。
どこで切り取っても美しいんだろう。
どの角度から見ても美しいんだろう。
そのうえ男役芸もできていて、
表情とかでムハムハしたり、娘役さんにやさしくしてたりする。
うーん、素晴らしい。

2006年に入団だという。
え、私2006年のOSK、観てるじゃないですか。
なんで最近まで気付かなかったんだろう…

と、家にあるOSKのDVDを探してみた。
なぜか2008年の春の踊りがある。
ああ、そうだ、2008年秋に源氏物語を観て、あまりにひどかった(脚本が)ので、
お口直しにと思って買って帰ったのだ。

3年目の真麻さんは、すでに「切れ味鋭い」と紹介されていて、
ダンスの美しさは、基本的に今のベースができている。
メイクとか発声は全然で、ああ、このあと上達したのねーとしみじみ。

2006,2007,と一年に一回は観ていたのに、
この源氏物語がいまいちすぎて、そのあと全然観ていない。
このころ、東京には基本、来ていなかったんですかね。多分。
そこまでして観なくても、ということになっちゃったんだろう。

で、2013年に日生劇場で公演があった。
このときの公演が楽しかったので、このDVDもある。

これでは真麻さん、かなり活躍していて、
例の三面鏡の場面ではセンターですよ。美しい!
バーの場面でもセンターに飛び出してく役、
あと最後の帽子持った総踊りもセンター。
うう、誰よりも美しい踊りだ。

でも、気付かなかったんだなあ。

なんでだろう…

あ、わかった!
牧名ことりちゃんばかり観ていたからだ(笑)。
なんだ、そうかそうか。

で、ことりちゃんの退団公演で、真麻さんを「発見」する。

そいでもって、その次に東京でやった、カンタレラを観に行った。
まあ、源氏物語に比べれば全然良かった。

その会場で真麻さんの主演作品のDVDを2枚買った。
これがねー。
脚本というか構成というか、えー、何これ、っていう感じで。。。

で、また観なくなっちゃうんですわ。

つまり、私がOSKにはまらなかったその要所要所に、
「芝居」があるわけです。
はあ…。

真麻さんの演技っていうわけじゃないです。念のため。
スタイルが好みじゃないってのはあるかもしれないが、
それにしたって、、、

そのあとダンス公演の主演もあったのに、全くノーチェック。
もったいなさすぎる。

そう考えると、ヅカの芝居って、
駄作だ駄作だって言われてるの多いけど、
全体としてみれば、そこそこの水準なんだなあ、と。

しかも、真麻さんの退団公演は芝居だという。
ショーのほうがいいんでないの??

うーん…
うーん…

悩んだ末に、

チケット取っちゃいましたよ。
わーお。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。