So-net無料ブログ作成

カンタレラ2016-愛と裏切りの毒薬(博品館劇場 2/19 18:30) [観劇メモ(ヅカ以外)]

OSKのお芝居も悪くないね!

OSKのお芝居を観るのは実に8年ぶり。

前回
http://pt-omoitsuki.blog.so-net.ne.jp/2008-07-22

小さな劇場でいろいろやっていたみたいだけど、観に行く機会がなく、
前回の印象で、芝居はいまいちなんじゃないか、と思っていたのですが、
そんなことなかったです。

あの後、上手くなったのか?
それとも前回のがアレだっただけなのか?

でも、セリフ中心のは本当に久々なようですね。
(ちどりさんの記事→http://blog.livedoor.jp/chidori527/

細かな、目線だけ動かして心情を表すとか、
台詞の間で関係性を表すとか、
そういった芝居も普通に上手でした。

12人という少人数で、
有名なチェーザレ・ボルジアをめぐる話で、
退屈しそうになりそうで、ならない。
オチはまあ、ああするしかないだろう、という感じで。
すごく深く感銘を受ける内容、というわけではないけど、
それぞれの技芸員さん(って言うんですよね? OSKは)の
キャラクターにあった役で(多分。レビューで観ていて感じていた印象にピッタリだった)
あー、あの場面のあれ、かっこよかったな、素敵だったな、
と印象に残る。
十分じゃないですか。

私は、ストーリーがあって、
登場人物の心情が動いて、それを台詞で表現する芝居が好きなので、
「考えさせられるなあ」とか「深いなあ」でなくても全然かまわないので、
これからも芝居が観たいです。

「愛している」という言葉が違う意味に取られたりするところなんか、特に面白い。
そこそこいい脚本なのかも。

ただ、主人公のキャラが難しいと思いました。
いろんなふうに描かれる人物。
残虐で、傲慢で、、、
それを少女歌劇の枠に沿わせるために、
「家のために(=妹への愛のために)」ってことにしてるわけですが、
なかなかつらいものがある。
あるときはイメージ通りの残虐キャラで、あるときは良い人……ブレブレ?
まあ、桐生さんのキャラでねじふせたというところ。

桐生さん(自分的にはマギー)の堂々とした様子に、チェーザレはぴったり。
ヒロインは舞風りら…じゃなくて舞美りら(自分的には透水さらさ)、
静止画像よりも動いてるほうが全然かわいいし、声がいい。
愛人枠の娘役さん、この人もすごくお綺麗(自分的には美原志帆)。
しっかし娘役のレベル高いなあ。
お目当ての真麻さん、なんと悪役でした、お上手お上手、
衣装がスタイル悪く見えちゃってたけど、
(みきちぐに見える。あ、みきちぐ大好きですよ、もちろん)
魔ものになって踊るとこ、マジかっこいい。
悠浦さんのへたれキャラも母性本能くすぐるねえ。
愛瀬さんは王子様で(自分的にはかしちゃんかな)
楊さんは押し出し強い系(どう見ても嘉月絵理さん)。

何か元ネタがあるのかな? と思いながら観てましたが、
ニコ動のミュージカルで上演されたものを借りてきたんですね。
(元雪組の彩夏涼ちゃんが出てたんだ~へ~)

どうりで、ヒロインの出番がすごく多いとか、
ラブが中途半端だとか、
それは宝塚に見慣れているからそう感じるのかと思ったけど、
そもそもが少女歌劇じゃないところのものだったと知って納得。

そして、突然、中目黒のカフェでかかってるような音楽が入り、
しかも、化学薬品みたいな名前を連呼するので、
一体なんなんだろうと思ってましたが、
これまた機械に歌わせる音楽のヒット曲だそうで。
元気いっぱいのOSKなので、
こうした激しいノリのものは、それほど違和感なかったです。

しかし、ヒゲ部ファンとしては、
お父さん役のヒゲ、どうにかならなかったのかと、そこだけは強く改善を要求したい。
芝居やらないと、そういうノウハウが受け継がれないってことなんじゃん!??

…公式ブログ見てたら、あもたまが指導に行ったりしてるんだね。へ~~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。