So-net無料ブログ作成

OSKレビュー in Kyoto(南座 11/22 16:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

牧名ことりちゃんの退団公演、しかもオギーのショー再演。
退団記念コンサートには行けなかったけど、オギー初登板も見られなかったけど、
今なら、なんとか行けちゃうじゃん。
というわけで、また関西に行ってきました…(へとへと)

第一部の和ものショーは山村友五郎
(こないだまで山村若だった人でOK?植田紳爾御大の息子)。
今までのよりはちょっとつまらなかったかなあ。
なんでだろう。

大阪人が京都に来て、大阪の文化を紹介するという筋書きで、
ナレーターはコミカル系の人。
専科なんですね(専科制度があるとは知らなかった)。

大阪の花街での踊りとして「へらへら踊り」というのをやってました。
ことりちゃんが色っぽいけど品があって、目が釘付け。
けど、お座敷芸だから、舞台でやるにはメリハリに欠けますね。
しかも二回もやるのは飽きてしまう。

新国劇ということで殺陣の場面も。
最初は着物なんだけど、途中で革ジャンになったりしてちょっと面白い。

ことりちゃんが涙ぐみながら花道を去ろうとして、
高世さんに背中をおされるっていう場面がありました。
ちょっと戻ってことりちゃんのほうからチューしてて、とっても粋でした。

OSK復活のドキュメンタリーを見ていたけど、ことりちゃんだとは認識していなくて。
2006年に松竹座で見たとき、かわいいな~と目をつけた、ことりちゃん。
今や、かっこかわいいおとなの女、しかもダンサー。
たまにしか見ていなかったけど、
宝塚も含めて娘役で「超好み!!」って思うのは、この人しかいませんでしたよ。ええ。
お人柄もなにも知らないのですが(^_^;)
2001年入団ということは、ふみかちゃんと1年違い。
新しい人生を考えたら辞めどきなんだろうなあ。
南座は(松竹座もだけど)内装が豪華で、赤いちょうちんなんかが飾ってあって、
それらをバックに花道を去っていく姿を目にやきつけました。

第2部がオギーのショー「Stormy Weather」。
もうねー、オギーのショーがまた観られたことが、まずうれしい。

冒頭、花道を雨傘さした娘役がゆらゆらとやってきて、
セリからトレンチコート着たトップさん登場ー、極楽鳥登場ー。

トップさんが極楽鳥に誘われて、中国、東南アジアとめぐっていく設定。
そのどれもが、ハリケーンとかモンスーンとか、激しい嵐のイメージ。

嵐をテーマにしたことが、とても面白いと思いました。

OSKと言えば元気いっぱいのダンス。とにかく踊りまくる。
それをオギーのショーでやると、激しく嵐のように踊りまくることになるわけ。

シャンゴという(鴨川清作のショーでもありましたね)風だったかな?神様の場面、
プロローグの次ぐらいの場面ですでに、
アニマル柄の衣装でほぼ全員でガンガンに踊り狂う。
宝塚のショーで、オギーのじゃないけど、
オサがトップの時に「アフリカ」って場面がありましたよね。
生徒さんたちが「あんなに大変な場面はない」ってしきりに言ってましたが、
あの場面が倍ぐらい長い感じ。
しかも、同じぐらい踊りまくる場面が、後半にももう一回あるという。。。
その東南アジアのモンスーンの場面はどういう筋書きかちょっとわからなかったんだけど、
曲もかっこよかったし、気になる。

ここで死にそうなぐらい踊りまくって収束したところに、
ふらーっと雨傘の娘役がやってくるのが、ぞわあああああ。
オギーワールドだー。

バーでスーツの男たちがいさかう場面では、
ちょこちょこっと役があって、意味深な登場人物がいて。
場面と場面の区切れ目がはっきりしてなくて。
これもオギーワールドの楽しさ。

まったりうっとりの宝塚とは違うオギーのショーで、すごく楽しかったです。
影がありすぎて、OSKらしさとは違うのかもしれないけど。

ところで、いまさらですみませんが、
高世さんのお披露目公演なのでした(大阪の松竹座に続いて)。
高世さんて、はじめて気づいたけどトウコちゃん(安蘭けい)に似てるのね。
目線とか口元の表情とか、ムハムハしてて、いい。ドキドキしちゃう。

桐生さんが安心の2番手。
で、3番手は…?
認識してなかった真麻さんという方。
背高くないし、すずみんとみりたんを足して2で割ったような顔(なんじゃそりゃ)。
…が! 身体の動きがもっすごい美しいの。
殺陣の場面で「ん? すごくね?」と思って以降、目が離せない。
ショーではガンガンに踊ってました。しかもエレガント!
ことりちゃんが出ていないときはずっと見てしまった。

おまけでトーク&ソングショーがついてました。
なつかしの曲を歌うということで、OSKにも自画自賛ソングがあるんですねえ。
100周年に向けて、自画自賛ストーリーを強調しようという、よい作戦だと思います。
しかし、さすがOSK。「レッツOSK」って……(((^_^;)
当時でも恥ずかしかったんじゃなかろうか。

OSKもそろそろ近鉄時代からいるスターさんと、
復活してからのスターさんとの世代交代の時期なのでしょうか。
来年暇になるから(…)、また、たまに観に行きたいと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。