So-net無料ブログ作成

Bandito 義賊サルヴァトーレ・ジュリアーノ(日本青年館 2/23 14:00) [観劇メモ]

もっとチケット取っておけばよかった! 何回でも通えるやん!

じんわりといい作品でした。いつまでも語りたい感じ。



予習として、同じ事件を扱った『シシリーの黒い霧』という、ひじょーに難解な映画を見ました。パンフも事前に買って予習したけど、ネット検索では 全くひっかからない人物名が多いですね。いろいろ本を読めば、もっと詳しくわかるんだろうけど、時間切れ。

観劇して、予習時に疑問だったことが、ちゃんと創作されていたのが、まずは驚き。
・サルヴァトーレの山賊団はなぜ共産主義の集会を襲撃したのか。同じ恵まれない者同士なのに。
・ピショッタはなぜサルヴァトーレを射殺したのか。
wikiレベルの知識なら、誰しも疑問に思うところ。何か思惑の行き違いなどがあったのだろうとは想像つくけど、心情としては納得できない部分。 それをこういうふうに創作して物語にするんだ〜と。しかも、サルヴァトーレの最初のエピソードである「小麦の闇取引を見つかって憲兵を射殺して逃げた」という部分すらも、作り替えている。そのことで、「身代わり」という裏テーマが強調されていることに感嘆。

物語を創作する際の仕掛けとして、マフィアと憲兵以外にもいろんな人物が出てきて、貴族で作家のヒロさんのほか、ジャーナリスト、スパイ、成り上 がり貴族…、それぞれが魅力的な役で、ちょっとしか出てこなくてもいろいろ想像したくなる。ちゃんと生徒さんにあってる。有機的につながって、物語世界を作っ てる。

これこれ、これが宝塚の醍醐味だよね!!

大野作品は知識詰め込みすぎになることが多いけど、小劇場作品だと時間も長いし人数も少ないしで、これぐらいがちょうどいいんじゃないかなあ。



たまきちの骨太さが頼もしくて頼もしくて。白いスーツでサイドカー運転してあそこまで似合うスターさんがいるであろうか、いや、いない(反語)。えっ、まだ研7なの!?  マジ? 

たまきちサルヴァトーレとわかばちゃんアマーリアが最初に出会う場面、激昂してヒロさんだったか憲兵だったかを撃とうとするサルヴァトーレ、アマーリアが「撃たないで」と立ちはだかる。男の強さと女の強さが火花を散らしてた。あ、この二人は恋に落ちたんだな、とわかった(え? 私だけ?)。わかばちゃんのやや子どもっ ぽい、それが純粋な強さになるところが、修道女にぴったり。

トシくんは『春の雪』と同じく、陰の役が似合うよねー。過去について匂わせてるところなんか、いろいろ想像しちゃう。しかも、最後の活躍は『ロシ アンブルー』のユーリ先輩みたいに美味しいじゃないですか!

輝月ゆうまくん、大公閣下の抜擢のイメージが強いけど、本当は声も高いし、若い役が似合うんだね。新人公演主演してもいいんじゃないかね。

朝美さんは、がっつり芝居してるとこはじめて観た気がするけど、小顔で美しいのに、ちゃんと男役っぽくて好感。(映画のピショッタはすごいオッサンだったから、ちょっと最初はギャップが…)

光月るうがこんなにできるとは思わなかった。いい感じにオジサンになってきたと思ってたんだけど、こんなうさんくささが表現できるとは。野村萬斎 みたいな感じかな。ちょっと驚きでした。

からんちゃん、子役か老け役か、これから難しいかと思ってたけど、こういう軽くてクセのある役ができるとは。上手いねえ。歌もうまいのね。 (トークショーの司会もとても軽妙で上手でした!)

さち花ねえさんはもういっちゃってるし。さち花ねえさんと有瀬そうくんかな?支配人のデュエットよかったなあ。

そうそう、トシくん、からんちゃん、といった歌ウマさんにはたっぷりソロがあったし。

たかちくんの使い方もうまい。芝居はアレだけど(ダンサーだから!)、すごみのある雰囲気を、ちょっとだけ使うってのが、正しい。気の強い愛 人に、咲希あかねちゃん。本領発揮。この人の顔、好きなんだよねー。

お姉さん役の真愛さんもはじめて認識。こういう作品があると、組ファン以外も組子を覚える。

身代わりのきっかけ?を作ったヒロさん、この人の存在は大きかった。シチリア社会を俯瞰して眺めている。ヒロさんいなかったら、額縁のない絵のよ うになっ ていただろう。

(ただ、当時のシチリア社会を正確に描いているわけではないらしい…? マフィアと宗教を「あってもいいこと」にしてしまっているうえに、最大の悪者 (光月るうの役ね)が成りあがりものなので、本来重要なはずの階級闘争が中途半端なのだそうです( @HWAshitani さんのツイートによる)。とはいえ、『復活』で社会主義を骨抜きにしてしまうような宝塚の公演で、 赤旗が翻るだけでもすごいことかも?)

フィナーレもそれぞれにすごく合ってた。トシくんがやっと笑顔を見せてキレよく踊ったり、たまきっつぁんがわかばちゃんリフトして、お前は湖月わ たるかっていうぐらい何回も回したり。



そうそう、今回の花はブーゲンビリアでした。夏のシチリアはブーゲンビリアが綺麗なんですね。知りませんでした。



ふたたび、ストーリーについて。

サルヴァトーレはみんなに持ち上げられて義賊になっちゃった人。

過去、ユダヤ人の恋人を助けられなかったという負い目がある。だから、今度こそは、たとえみんなの思惑で持ち上げられているんだとしても、みんなを見捨てない、そういうふうに自分が変わろうと思っている。

そこが一番素敵なところなの。

アマーリアは、そんなサルヴァトーレに勇気づけられている。彼女が言う、「あきらめるのではなく、抗うということを教えてくれた」とか、「抗う人がいたということだけで、少しだけ元気になれます」とか、そういった言葉に、今度はサルヴァトーレが勇気をもらう。アマーリアこそ、大変な境遇でも純粋な心を持ち続けている人だから。

こうしたやりとりに、泣きました。じわじわ泣きました。プラトニックだけど、めっちゃラブだわあ。

だからこそ、あきらめずに抗っている具体的な場面がほしいのだ。

せめて、義賊として貧しい人に金品を分け与える場面を入れるべきではなかったか(じろさんが、三味線のお師匠さんにチャリーンて置いていく、あれね 笑)。サルヴァトーレがどう変わったのかを明確に示してほしい。これが場面として無いのは、ひじょーに痛い。

でも、たまきっつぁんのスター力で、持ちこたえてました。


こうして書いてみると、サルヴァトーレと民衆の関係は、スターとファンの関係そのものなのね。スターは、期待してくれるファンがいるから頑張る。 ファンは、スターの頑張りに勇気づけられてまた応援する。あるある。あるある。

そして最後、「俺がいなくなっても、お前たちは立派に戦える」「あなたがここを去っても、あなたがどこかで生きていると思うだけで、私は生きていける」

…なんだか、サヨナラ公演みたいだにゃ?


まさか…


まさかたっくんのサヨナラ公演…!? いやいや、源氏物語決まってるし!

…でもこうして、たっくんに自らの思いを投影してしまう自分は、持ち上げすぎて迷惑だったかとも反省したり…。(ブログの説明文参照)

いつ、その日が来たとしても、サルヴァトーレを思う民衆のように生きていこうと思いました。(イタタタ)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 2

hanihani

この話、バウでみて一人絶賛大泣きでしたよ。
東京も21,22日に文化祭で居なかったのが残念です。ここで4回観れていたのに。

わかばちゃんのなんというか処女性というか、そこも迫ってきたよね。
たまきちくんの「たとえ悪人だろうがなんだろうが、この人には理由があってこの立場なんだ」と思わせられる絶対的な正義!

やはり大野先生は面白いなぁ、深いなぁと思いました。
もっと味わいたかった…

そしてフィナーレの帽子をましたに投げ捨てるフリとか
平澤くんの振りの魅力的なこと…

もちろんリフトもすごかった。
わかばちゃんがいつ乗ったかも判らなかったし、
この二人の同期の信頼感みたいなものも味わえて大好きな作品です。
by hanihani (2015-02-26 16:13) 

竜眼

hanihaniさん、すっかり不義理をしてしまってすみません! コメントありがとうございました。わかばちゃんの処女性…そうそう、そうなんです。ド下手なんだけど許せちゃう可愛らしさと高貴さは、そこにあるんですよね。たまきちトップが見えてきた今、わかばちゃんが相手役ってことは、ないかなあ、ないだろうなあ、でもまたこの組み合わせが見たいです。
by 竜眼 (2015-11-23 18:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。