So-net無料ブログ作成

かもめ(シアターコクーン 9/20 18:30)

チェーホフが観たい。『かもめ』は映像で見たターコさんと藤原竜也のが印象に残ってる。というだけでチケットを取りました。ケラリーノさんがチェーホフに挑戦、だそうで。

なんとなくまとまりがない印象。笑いが多いのはいいんだけど、ストーリーと連携していないように感じた。笑い→「人間て…(呆)」→胸に迫る、となったらいいのに。テンポで笑わせるんじゃなくて、一生懸命すぎて他人から見たら笑える、という種類の笑いのほうがいいんじゃないかなあ。

入り込めなかった原因のもう一つは、母息子のキャスティング。アルカージナ大竹しのぶの大物感はすごいのだが、大女優の役には、陶酔するような色気がほしい。そして、トレープレフ生田斗真は誠実な演技で素敵なんだけど、イカれた感じがほしい。ワガママでとんでもない人だけど、ひれ伏したくなる大女優と、才能はあるがイカれた血を受け継いで、繊細すぎて生きづらい息子、という組み合わせには、見えなかった。この二人、本当に親子なのかなあ?とも思ってしまった。(ターコさんと藤原竜也の印象に縛られすぎ?)

トリゴーリン野村萬斎の女ったらしぶりはとても良かった。情けないふりして、したたか。たちの悪い男だ〜。

そして、ニーナ蒼井優が素晴らしかった! 映像でしか観たことなくて、どちらかというと苦手な女優さんだったけど、脱帽。浅はかな野心があって、だけど確かに華はある少女、ウザいぐらいに輝いてました。二幕での落ちぶれた狂気じみた演技も引き込まれます。

セットや照明、冒頭の劇中劇の演出なんかはとても面白かったな。

ところでこの話って、おじさんが言う「なれなかった男」がテーマなのかなあ。…チェーホフはやっぱり気になります。(って全然予習復習していないのですが)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。