So-net無料ブログ作成

三谷版 桜の園(パルコ劇場 6/28 19:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

カーテンコールでキャスト全員が並んだとき、登場人物、たったこれだけだったっけ!? と思った。それだけ、いろんな人間のドラマを観た気がして。いやあ、深い深い。それぞれにちょっとずつ感情移入できるし、描かれていない部分もすんなり理解できるし、ずっと同じ舞台装置で、人が入れ替わり立ち替わりあらわれてしゃべるだけなのに、なんでこんなに深いんだろう。

…三谷がチェーホフに挑戦する、しかも「喜劇」として。ということで注目され、「喜劇になってないじゃん」とか「下品な笑いを無理に入れるのは冒涜」とか、いろんな意見があるようですが、私は全然詳しくないので、ただただ、会話が自然で、それぞれの人物の内面が深く描かれていることが面白かったです。

ただ、これはきっと、チェーホフの元の戯曲がいいんだろうな、と。なぜなら、「かもめ」を映像で観たときも、同じように思ったから(笑)

三谷演出は、どうなんだろうなあ。時折入る「くすくす」っと笑いたくなるような箇所は、最終的にしんみりする結末から、浮いているとは思わなかった。笑えるけど最後はしんみりって、今時の演劇では(って何が今時かわからないけど)、よくあるノリ、むしろ王道なのでは。

全て子ども部屋を舞台にしているのは、今回の新しい演出だそうで。三谷の好きなシチュエーションコメディの手法ではあるよね。桜の園そのものが子ども部屋であり、ラネフスカヤや兄が、子どもじみていることの象徴でもあり、みんなが素に戻る場でもある、という意味もあるのかな。窓から見える木や光がきれいでした。生ピアノも効果的。

ラネフスカヤ夫人は浅丘ルリ子。生で観るのは初めて。身のこなしが美しい! 美とは、若さではないんだなあ。もうね、スターさんだからね、オーラがすごいですよ。ちょびっと棒読みだけど、それすらも「高貴」の証。

兄の藤木孝も高貴だからねえ。この二人が兄妹って、本当にそうとしか思えない。

商人ロパーヒン役の人(市川しんぺー)、変声で面白い。すごく上手い。ただ、あれだけラネフスカヤ夫人を尊敬していたのに、最後の変わりようが良くわからないな。

ワーリャ役の神野三鈴。小曽根真の妻だよね。じつは私、小曽根さんがANAでやってる番組が好きで、それ聞きたさに、遠征時にANAばかり利用してたんですよ、なんで終わっちゃったんですかね、ANAさん。そいでもって青樹泉との対談で小曽根さんが妻のことを「尊敬している」と言ってて、妻のことをそう言うなんてすごいなあ、素敵だなあと思ってて、、、、って、そんな話はどうでもいいですね、はい。やっと生で観れました神野さん。すごく緩急自在な芝居をする、上手い! 大竹しのぶに声が似ている。「欲望という名の電車」の妹役もやってなかったっけ? こういう、大人しめなんだけど抑圧を秘めてるという役が合うのかな。声といい、演技といい、ちょっと娘役っぽくもあって、架空度が高いのも面白い。

大学生役は、本来はもっとインテリっぽい人がやるんじゃないかな、と思ってたけど、新しい思想にかぶれてて、童貞で、というおかしみが、藤井隆ならではのハイテンションでわかりやすかったかも。

青木さやかは予想より舞台の声が出来てた。笑いもとってた。でも、この作品の雰囲気には馴染んでいなかった。

ラネフスカヤ夫人の娘は大和田美帆。もっと高貴さが欲しかった。高貴な娘が、最後庶民になろうとするってのは、重要な点だし。この舞台全般、「この人は貴族でこの人は庶民」というのが、ぱっと見わかりにくい。衣装の問題じゃないよ。その点、神野さんは、貴族として育っているけどじつは平民、という複雑なところがよく出ていたな。

フィールス役のおじいさん(江幡高志)がすごい。間の取り方が絶妙。最後に彼が死ぬ(んだよね?)ときの、「この未熟者めが」が効いている。

いろんな人物に感情移入して、ラネフスカヤ夫人のだめんずぶりに唖然としつつも共感したり、娘に「ママの人生これからよ」と言われても、「お前は若いからそんなこと言えるんじゃーー」と内心むっとしたり、でも、娘が大学生に感化されて貴族の生き方を捨てるのも共感できるし、お互い好きなのに立場が違ってしまって告白できないロパーヒンとワーリャの葛藤…どれもこれもに共感していて、自分のこれからの人生はどうなるんだろう、自分もこうして桜の園を去る日が来るんだろうな…

というところにフィールスの「この未熟者めが」という台詞がラストですよ。うーん、先達にダメ押しされてしまった。

ほかのバージョンの桜の園も観たいなあ。チェーホフのほかの作品も観たいなあ。ロシア文学全般気になる。(私が知っているのは、『オネーギン』と『カラマゾフの兄弟』と『復活』だけです(笑)。)詳しい方、お薦めを教えてください。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

baron

ご無沙汰しております(^^ゞ
私は翌日観劇だったので、一日違い♪とより臨場感?を感じながら拝見しました(笑)

藤木さんと浅丘さんは本当に兄弟という感じがしますねえ。あのお二人からまぎれもなくこの時代の人たちという香りがしたような。
神野さんは、ホント緩急自在ですよね。初めて観たのがウタコさん&藤木さんと共演したPARCOのストプレだったのですが、押しつけがましくない上手さは変わらずだなあと。青木さやかは前説が一番本領発揮だったかもですね(笑)

チェーホフを扱う演出家は沢山いますが、不条理劇だからこその自由があるんでしょうか。なんて書いちゃいましたが、私のチェーホフ初体験は2010年あうるすぽっとの「現代能楽集チェーホフ」http://rinkogun.com/2006-2010/entori/2010/9/13_Contemporary_Noh_collection_%22Chehov%22.htmlでした(勝手に貼ってスミマセン 汗)
ノンストップで2時間半4つの戯曲を取り上げるもので、かなり濃密な(笑)舞台だったのですが、個人的には「3人姉妹」が興味深かったです。色んな女優さんの組み合わせで出てくるものが変わるような気がします。もし機会があったら読んでみてくださいね☆

長々失礼しました(^^ゞ
by baron (2012-07-02 22:57) 

baron

スミマセン。兄妹の間違いでした(汗)
by baron (2012-07-02 22:59) 

竜眼

baronさま、早速お教えいただき、ありがとうございます!
三人姉妹ですね、読まねば〜〜
ウタコさんのラネフスカヤ夫人…
すごく上品で、哀愁がありそうですね(#^^#)
by 竜眼 (2012-07-09 18:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。