So-net無料ブログ作成

話題作はもういいっちゅうねん [ヅカ的近況]

生田大和×三島由紀夫×明日海りお。ぬぉぉぉ、なんてワクワクする組合わせなんだ! しかも東京でもやるとな! こういうふうに「俺はこれをやりたいんだ〜」という熱意が感じられる演目発表であってほしい、いつも。

銀英伝とJINの発表があったときのガッックリ感が、少し払拭されました。

銀英伝とJINね…。もうね、話題作はいいっちゅうねん。(三島は有名だけど、話題作ってほどではない認識)

最近、映画の舞台化、テレビドラマの舞台化、漫画の舞台化が多すぎる。ちょっと前までは、再演と海外ミュージカルの連発で宛書きが減っていることを懸念していた(→宝塚イズム13号の拙稿「男役スターのロスジェネ問題─―演目選びを中心に」をご参照くだされ。)(『愛するには短すぎる』の再演も、好きな作品だけにガックリ)。

で、ここのところは加えて話題作ですよ。

話題作も、再演や海外ミュージカル同様、宛書きできないとか、役が少ないとか、スターシステムに配役が合わないとか、デメリットは同様。

だけど、それ以上に、「バカにされてる」気がするんですが!! 「新規ファンがほしい」→「既存のファンはいらねーよ」って。

話題作も、たまにやるならいい。知名度上がるし、配役考えるのも楽しい。結果的に『太王四神記』とか『カサブランカ』とか、佳作が生まれたりもした(どっちもイケコだがね)。

でもね、既存ファンはどーでもいいのかな? 新規ファンがちょこちょこ観に来てくれれば、それでいいの? そうやって劇団が既存ファンのほうを見ていないんだったら、既存ファンは、ますます席を埋めなくなっちゃうよ。そいでもって、また話題作を連発して、結局、悪循環に陥ってしまうんじゃないかなあ。

私が望んでいるのは、そこそこ破たんのない脚本に、宝塚らしい演出で、生徒さんがみんな輝いて見える作品なんです。別に、話題は、そうしょっちゅうは、いらないんです。

って、言うのは簡単だけど、オリジナルでいい作品を作るのが難しいんだよね…。オリジナル作品の質が下がっている今、どーしても既存コンテンツで手堅くいきたいのはわかる。そのうえ、チケットが売れない時代、話題作で一般人を取り込もうとするのは当然の発想。

だけど、話題作ってだけじゃ、席は埋まらないんですよ。ベルばら時代とは違う。あれだけの席数が埋まってたのは、ファンの熱意以外の何物でもない。(→過去の記事「100万人割れ危機…」)話題作で観に来た新規ファンを、熱意あるファンに育てる仕組みが、今ちゃんとあるのかな???

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 2

モーリス

お久しぶりで~す!劇団は意地で100周年を迎えた後は知らんぷりを決め込むのかなと思っているモーリスですこんにちは。
久しぶりのコメントでの方言お許し下さい(笑)

先日宙組のサヨナラ公演を観てきたのですが、現トップコンビには「美男ですね。」が似合うなぁ~と、ぼんやりと思ってしまいました。
どうしても話題作をやらにゃーいかんっちゅーのなら、せめて宛て書き並みにトップコンビに似合う作品(で尚且つ役が豊富な作品)を血眼になって探してこいよ、と完全に外野状態になった自分でも思います。楽して稼ぎたいんですかねぇ、劇団は。

外野のくせに長々と失礼致しました(笑)←笑うな。
by モーリス (2012-05-07 11:11) 

竜眼

モーリス様、お久しぶりです!! 
「美男ですね。」ですか…! 触りしか見たことないんですが、確かに似合いそうです。ほんと、血眼になって探せば、もっと似合う話題作がありそうなのにねえ。コスト減しか考えていないのでしょうね。不況だからこそ、地道な商品作りしか生き残る道は無いと思うのですが。
100周年の後、どうなっているか…その頃には私も外野から見守ります(笑)
by 竜眼 (2012-05-14 20:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。