So-net無料ブログ作成

96期のWさんについて [音楽学校裁判]

(修正しました)

96期でブログをさらされた件で自主退学を迫られたWさんが、98期に復学して文化祭に出演したこと(入団はしないという噂)について、少数意見だとは思いますが、あえて書いてみます。


私は裁判記録を読むうちに、Wさんのことをむしろ気の毒だと思うようになりました。なぜなら、

●Wさんは、96期生の中で数少ない、いじめに関与していない生徒である
(原告さんがそう明言しています)


●Wさんは、原告さんに謝罪している
(ブログに原告さんをうとましく思う記述があったこと、騒動で迷惑をかけたことについて)


●ブログをやっていた生徒はほかにもたくさんいた
(WさんのブログURLを掲示板に載せた人がツイッターでそう書いていました。なぜWさんのブログを選んで掲示板に晒したかというと、同期内でいじめがあることがわかる記述があったからという点だけだそうです)


●お行儀の悪さは、他の生徒も同じ
(Wさんがブログに載せた写真は他の生徒が撮ったものが多いです。また、お行儀の悪い格好で写っているほかの生徒がたくさんいます。裁判記録から察するに、あのようなお行儀の悪さは多くの生徒が共有していた価値観であると推察できます)


●裁判記録につづられたWさんの陳述書には、痛切な反省の弁がある



「死ね」「存在を消して」と恒常的に言うような生徒が半数近くいて、誰もがお行儀悪かった。そんな中で、暴言を吐かず、すでに反省し謝罪もしているWさんは、相対的に見れば、むしろ「白」に近いんじゃないかと思えてきました。

むしろ、退学させられたのは、ほぼトバッチリで、気の毒である、とも思います。


もちろん、お行儀悪いのはよろしくないし、それが表に出たのは大事件ですが、もう全員がそうだったのなら、それはまずは学校の責任でしょう。ネットリテラシー教育をしてこなかったこと、お行儀よくするよう指導してこなかったこと。


なぜ復学したのかアナウンスが何もないし、学校側の責任者やいじめ首謀者の処分がなくて全然整合性がないことなど、よくわからないことはたくさんあります。また、いくら文字情報で、誰それが「死ね」と言ってたと聞いても、写真のほうがインパクトあります。

とはいえ、Wさんの復学だけを見ると私は良いことだと思ったのでした。


「裁判沙汰になるいじめがあった」と、「お行儀の悪い写真が流出した」の間には、いろいろなことがあります。私の知らないこともいろいろあると思いますが、とりあえず、裁判記録からわかることを書いてみました。


(ちなみに、文化祭でのWさんは歌も芝居もダンスも上手く、スタイルもいいし、華もありました。成績はかなり上位なのではないかと思います。)

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 4

とも

私、個人としては96期は本当に受け入れることができない期です。
ひとりひとりを見たら、また違うのかもしれません。
ですが、それもままならぬ以上、やはり、どうしても、ダメです。

Wさんのブログは当時も見ましたし、
マナーが悪いな~最近の若い子はこんなものかな、と思っていましたが、
そんな生易しいものじゃないことはのちに知ることになり…。

復学させるぐらいなら、なぜ退学させたのか、と思います。
復学させるなというわけではないですが、
教育機関としてのあまりの判断のいい加減さに腹が立ちます。
学校を名乗るのもやめた方がいいかもしれませんね。
「一企業の養成所」ぐらいがいいんじゃないかと揶揄したくなります。
by とも (2012-02-26 17:56) 

竜眼

ともさん、コメントありがとうございます。
96期生にもそれぞれの思いがあるかもしれませんが、ファンには隠されているのだから、どうしようもないですよね。
おっしゃる通り、「学校」ではないと思います。実技を教える講師と、事務職員しかいないのですから。退学が間違いだという判断なら、そう明言すればいいのに、そういうコンプライアンスの感覚も全くないようです。。。
by 竜眼 (2012-02-27 18:44) 

福童

Wさんに関しては、私も当初はそのブログの内容にぶっ飛んだ記憶があります。
しかし、その後の即行退学処分にもぶっ飛びました。あのブログは確かに強烈ではあったけれど、普通校なら停学処分程度の問題だろうと思っていたからです。
その後、裁判でWさんが書いたという文書証言を読み、Wさんが素直に反省しSさんに謝罪していること、イジメが現実であったことを証言していることを知りました。そして文末の『なぜ夢を諦めねばならないのか、まだ理解できないでいる』という一文を読み、胸が痛みました。
96期問題は多くの犠牲者を出しました。一部の首謀者と愚かな指導者のために
Sさんは何ヶ月にも亙りイジメに苦しみ夢を断たれ
Wさんも自らの不行儀からとは言え卒業直前で夢を断たれ
宝塚ファンの多くも夢見るどころではない現実をつきつけられ
首謀者以外の96期生は十把一絡げで色眼鏡で見られ
何一つ良いことが無かった。
Wさんの復学を知った時、正直言って私は少しホッとしました。
甘い考えかも知れないけれど、反省し出直そうとする者にもう一度チャンスが与えられることは、私にとっては心安らぐことだったのです。
私も98期文化祭を観ましたが、Wさんは堂々とした男役振りで、これだけ完成度が高いということは、幼い頃から男役を目指して努力していたのだろうと感じました。
Wさんが今後どういう対応を受けるのかは分かりませんが、もし彼女の夢が二度も砕かれるのなら、宝塚音楽学校は学校法人としての資格はないと私は思います。

by 福童 (2012-02-29 01:47) 

竜眼

福童さま、Wさんは入団しないと報道がありましたね。残念です。
>反省し出直そうとする者にもう一度チャンスが与えられる
そう! 私も、そのことをうれしく思いました。
反省する人は応援したいです。
幼い頃から頑張ってきたであろう夢が絶たれてしまったWさん、
これから幸せになってほしいです。
首謀者以外の96期生にも幸せになる道があるといいのですが。。。
by 竜眼 (2012-03-04 13:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。