So-net無料ブログ作成

滝沢革命(帝国劇場 1/12 18:00)

初ジャニーズ。まずは入場の手荷物検査に驚き(形だけだけど)、グッズ売りのテーブルみたいのが、売り子の手元が見えない高い台になってるのにも驚き(なんの意味があるのか?)、アウェー感をひしひしと感じる。客席が99%女性!宝塚より男性が少ない!

タッキー主演の舞台って、ショーなの? ミュージカルなの? と思ってたけど、ちょっとだけ筋のあるショーでした。いや、かなり運動会的なショーでした。

ストーリーはかなりトンデモなもので、感情とかどうでもいいタイプのもの。え、何その設定、なんでとーとつにそうなんの? 玉手箱開けたらおじいさんになって時空をさまようだあ? また玉手箱開けたらもとに戻れるだあ?

すべてはショー場面のため。竜宮城に行ったということで踊る。幸せだった時代の回想ということで踊る。時空をさまようということで宙吊り。だけど、竜宮城のイメージでもなんでもないし、幸せだった時代のイメージでもない(わたし的には)。うーん、なんなんだこれはー。しかも色づかいが安っぽすぎて耐えられない。

でも眠くはない。なぜなら、セットとか、やることなすこと大がかりだから。タッキー、何回宙吊りになったのかなあ。高いところから下に落ちる(マットはある)のもあった。舞台と客席の境目に水のカーテンができたり、最後の立ち回りは舞台全部が水浸しだし。手品もあるし、ほかにも細かな、いかにも児玉明子が好きそうな仕掛けも満載。

だから、タッキーはアスリートだった。座長って普通ホスト役でしょう。または早乙女太一やコムちゃんみたいな、神様に躍りを奉納してますが何か?系。タッキーはどちらでもなくて、ただひたむきに、三時間の競技で満点を出します!鍛練しました!って感じだった。それはそれでアスリート界のスターだわ。

ほかのジャニーズの出演者たちも、ダンスをしてるというよりは、運動してるという感じ。もちろん、かなりの体力を必要とする。毎日二回、水に濡れてあの立ち回りって…若い男子でないと絶対に無理。ジャニーズにはまる女子は、こんなふうに自分も動き回りたいって思うのかなあ??(三番手の人はわりとダンスだった。いや、客席にドヤ顔しながら踊ってるのが、ヅカファンのセンサーにひっかかっただけかな? →戸塚祥太)

で、リカちゃんはラスボスの怖い女の人。低い声ですごんだり、立ち回りがあったりと、なかなか好きです、この役。表面的には。というのも、怖い女になってしまったのは男にふられ、子供も奪われたから。可哀想じゃん。なのに、全く救われず、息子からは「俺の母さんは優しかった育ての母だけだ」とか言われちゃって終わるの。斎藤美奈子が指摘する、聖女と悪女に女性を分けてきた男性の見方そのものじゃん。いくら石田作品だって、宝塚にはこんな女性差別は絶対に無いよ。

今まで、マミさん、シナちゃん、彩音…元ジェンヌがいっぱい出てるけど、どんな役だったのかなあ〜。

ほかには…小さい子供がいっぱい出てるのも驚き。青田買いするのね?大階段があったのも驚き。タッキーはおじいさん役の声がけっこううまかったな。若い男の子が、派手な衣装で踊るというか動いてると、戦国鍋テレビかと思ってしまう。ジャニーズのほうが本家なのにね。

初ジャニーズはこんな感じでした。コンサートとかはまた違うんだろうね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。