So-net無料ブログ作成

ゆひすみコンビ万歳〜「来てよ顔」 [観劇メモ]

ののすみ(野々すみ花)がエロい。こんな表情もできるのかと、ドキドキした。それに食いつこうとする、ユウヒ(大空祐飛)にも、こんなユウヒさん初めて〜、とハフハフした。大劇場で会う人ごとに「博多座どうだった?」と聞かれ、そのたびにこんなことを答えて、ドン引きされたりしましたが。

要するに、ゆひすみコンビはいい! ってことです!

だからさ、どこがエロかっていうと(しつこい)、アパッショナードの中詰め、オカマショーのあとにミツバチちゃんが出て来るでしょ。あそこです。私、きりやんは健康的すぎると散々申しておりましたが、じゃあどうすれば色気が出るかがわかりました。「来てよ顔」です。

「来てよ顔」。今回初めてネーミングしましたが、娘役の必須芸「うっとり顔」と対になるものです。誘惑する顔です。もちろん、コパカバーナの名ナンバー「来てよ、男」からのネーミングです。男役がやる「おらおら」って顔に近いかも。だから男役が女役をやるときは自然にできるはずなんだけどなあ。それを、トップになりたての、箒が似合う下働きの、私の小さな青い花、の清純な娘役であるののすみかが堂々とやって見せたから、どビックリです。この人、なんにでも憑依されちゃうんだろうなあ、誘惑するミツバチの役になりきってるわけ。今後がますます楽しみだあああ。

そして、最後にユウヒが羽しょって降りてきたら、さすがに泣けた。あの羽は、太陽神の光背だと思っているのですが、ユウヒの場合は、太陽じゃない。月。こういう月のような静かな光を返してくれるトップさんも、いるんだなあ。

::::::::本家はコチラです→a posteriori takarazuka:::::::
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。