So-net無料ブログ作成

あごで受け止めて V.S. あごを引いて [観劇メモ]

残酷にも、「ビルが自分を諦めるよう、自分から仕向けなさい」とマリアに言われ、そうせざるを得ない境遇を理解できてしまうサリーが歌う「あごで受けなさい」。つらいことも、あごで受け止めて、ニヤリとして、スマイルするしかないよ、という負け惜しみが健気な歌ですが。

帝劇だと「あごを引いて」って歌詞だったんです。

ん?? 「受け止めて」だと、攻めの姿勢というか、積極的に「来いや」って感じだけど、「引いて」だと、守りの姿勢に受け取れます。

原詞はどうなんだろう…??

http://www.stlyrics.com/songs/m/meandmygirl26507.html
原詞はここを参照。

(英語圏だと、たいていの歌詞はネットに出てますよねえ。日本だと著作権法に引っ掛かるけど、向こうでは「フェアユース」(公共の用途なら転載してもOK)って考え方なのかなあ。)

原詩では「Take it on the chin」となっています。これ、熟語なんですね。しかも、ボクシングの用語なのだそうです。あごにパンチを受ける=思いがけなく敗北する、転じて、苦境に冷静に耐える。(http://jiten.cside3.jp/learning/learning_10.htm

ほほ〜。

なんで両想いなのに別れなくちゃならないのよう、という衝撃が、イコール、ボクシングで思いがけず大打撃をあごに受けてしまった、ってことなのか。そいでもって、「来いよ、こんなのへっちゃらだもん(くすん)」っていうニュアンスもそこにはあるんだ。へ〜。だとしたら、やっぱり「あごで受け止めて」のほうが、合うと思うなあ。「あごを引いて」は、負け惜しみ感はあるけど、大打撃をまだ受けてない感じがしちゃうもん。

…これ、ミーマイ界では常識!?

もっと日本語でピッタリした言葉があるといいけど、そうもいかないし。「あごで受け止めて」はけっこう、言いたいこと伝わると感じます。

ところで、この曲、1937年の初演にはなかったそうで。作曲家の別の作品から持ってきたそうです。でも、一番の泣かせどころだよね。

::::::::本家はコチラです→a posteriori takarazuka:::::::
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 2

hanihani

Take it on the chin に関して

さすがに竜眼さま~ とても面白い考察です。
で、私も調べてみたら、くすん・・・って感じよりももっと堂々としてるみたいな
イメージがあるみたい。
つまり『勇気を出して、自らの敗北を認め、そこから次のなにかを学ぶ』くらいまでの意味があることのようです。

で、やっぱり私もあごで受け止めてのほうがイメージわきやすいな♪

東宝のミーマイも「あ、ここ違うなぁ」なんてサラサラ流して観てないで
ちゃんと竜眼さんみたいにちょっと待てよ!と立ち止まって調べてみないと
いけないですね。
そういう意味では夜野さまもとっても含蓄のある言葉が多いし
うん、お二人についていくわ、私! 

by hanihani (2009-07-09 14:12) 

竜眼

「何かを学ぶ」! そこまで強い意志があるんですね。
健気な涙を想定しちゃうのは、私に日本人的ウェットさがあるのかも。
原詞には、わからない表現がたくさんあって…
語学の苦手な私にはハードル高いです〜
by 竜眼 (2009-07-13 21:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。