So-net無料ブログ作成

ALL SHOOK UP(青山劇場 12/10 18:30) [観劇メモ(ヅカ以外)]

プレスリー×『十二夜』、その答えはなんと「ばかっつらミュージカル」! こりゃ笑える! ありえねーって話の展開なのに、バカみたいな話なのに、すごい楽しい。

みんながみんな次から次へと横恋慕して、その連鎖の結果、最初かっこつけてた主人公がなぜか誠実になり、引っ込み思案のヒロインがいつのまにか積極的になる。現実にはありえない話なのに、それぞれのドラマに説得力がある。コメディって不思議だなぁ、ミュージカルってすごいなぁ。プレスリーの曲の良さもあるしね。

ただ…、客席がそのことを理解するのに時間がかかった気がする。まず最初のナンバー(監獄ロック)が長い。それと、カタログ・ミュージカルの難点なんだけど、曲と台詞の区切れの不自然感が、最初はすごく気になる。あれ? そうか、これってゲラゲラ笑っていいのか。そう気づいた頃には、舞台も客席もあったまってきてた。自転車とバスが追いかけっこする場面なんか、吉本新喜劇でしょ。

あと、「恋だの愛だのこっぱずかしい、安易に恋しすぎやねん」という人もいるかもね。『ハレルヤ!』みたいな、過疎問題とか家庭内の悩みのほうが、日本人にはしっくり来るかもね。と、頭のどこかで思いながらも、私は全然楽しかったのだ。

ヒロインが宙組現役の花影アリス。正直、ここまでできるとは思いませんでした。こんなに声出るんだ。まさに体当たり。それに、あんなに華奢で男装って絶対無理だろう、と思ってたけど、とことんコメディだから華奢すぎるぐらいでいいんだね。むしろ、絶対に男に見えないのに、主人公がヒロインを男だと間違えるのが笑えるんだね。

もう一人心配だったのが、ワタル(笑)。白いタイトスカートで知的な格好…、いやっ、似合ってるけどね、美脚だしっ。でも「お高くとまったインテリ女性のセリフまわし」は、さすがに慣れてない感がありあり。が、じつは! じつは変な人だったのだー。あー、よかった、本領発揮だ(笑)。ワタルも、高い音域で歌すごく頑張ってた。ここまでできるとは思いませんでした。

ほかの出演者、うますぎるもんなあ。尾藤イサオの娘桃子って歌うまいのね、諏訪マリーとの掛け合いの歌がすんばらしい。岡田浩輝は、またオタク役。この人の怪演、大好き。原田優一って、『タイタニック』で客席の涙をしぼったあの少年役の人か! 伊藤弘美は好き勝手やって楽しそうだし。青山明、しゃべらなくてもったいないなあ。と思ったら、大どんでん返し〜。

で、主演の坂本昌行はこういう役はほんとお手の物だよね。この人に合う役ってことで、このミュージカルを選んだんだろうな。『BOY FROM OZ』とこれしか見てないから、いつも腰を回してる、エロおかしい人ってことで定着しそうだ。髪はもっとふんわりしたほうが若く見えると思うけど(笑)。

後方に空席あり。リピーター割引すりゃいいのになあ。そもそもが高いんだよね。一階の後ろでも12000円って、ありえなーい。もっとたくさんの人に観てもらいたいのになあ。フジテレビはほんとケチ。

::::::::本家はコチラです→a posteriori takarazuka:::::::


nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。