So-net無料ブログ作成

エリザベート こまごまと [観劇メモ]

『エリザベート』という作品を既に何回か観てるからなのか、今回が特別なのか、細かいところがすごーく気になるのです。

☆エリザベートがルキーニに刺されるところ、一回目は真剣白羽どり! もとい、白刃どり、もとい、傘で完全にブロックしてたけど、前もあんなだったっけ?? 

☆最後通告の手紙を渡すとこ、タメが長くない?

☆ハンガリーで三色旗のドレスを見せるところ、今まではエリザベートが自主的に「ここは私に任せて」ってボディランゲージだったけど、今回はフランツが「シシィ、頼むよ」ってボディランゲージだ。

☆お見合いの場面。ヘレネとエリザベートと並んでいるところで、フランツがヘレネを無視するところ、今までもヘレネはあんなに不恰好にお辞儀してたっけ?

☆ミルクの在庫がないのは「在庫がないんだ!」だったよね? いつのまに「在庫なし!」になったの?

☆子ルドが「猫を殺した」って言うと、トートがビックリしてるのを初めて見た。トート的には全然OKなんじゃないの? トート、猫好き? 

なんか、ちょっとづつ演出が変わってる~。全般的に、今回は動作が大げさに、わかりやすくなってる気がするんだけど、誰の意図なんでしょう??

などなど、気になることを確認すべく、星と宙のビデオを引っ張り出してきて、順番に見ております。傘ブロックは、今回は横ブロックだけど、星と宙は縦ブロックだ。最後通告はたしかに過去のほうがタメが短い。ヘレネはお辞儀してないし。スカステの「名作check it out」状態だー。

あー、花も月も、初演雪も映像を入手しなくっちゃ。ウィーン版のDVDも梅芸で売ってるときに買っときゃよかったぁぁ。

**その他感想メモ**

☆フランツの歌詞が史上最高に聞き取りやすい(マイク技術の進歩もあるんだろうか?)。ユミコの低音の魅力を初めて知った。

☆キムルキ、イタリア人に見えるぞ、よしよし。

☆マデレーネ、山田ミネコの漫画に出てきそうなアイメイクだ。

☆なんといっても重臣たち! 顎鬚なんかつけちゃって、もー、かわいい。ゾフィーにビクビクしてたり、えばってみたり、いちいち面白い。今までよりも学年が下のキャスティングだけど、それがかえってよかったかも?(今、雪組は上級生が少ないんだねえ)。

☆コマのもみあげがいつのまにかチャルさん型になってる。→もみあげ一覧はコチラhttp://www009.upp.so-net.ne.jp/ft2/koutenteki-zukafun/report/momiage4.html

☆キタロウくん、復帰&フィナーレセンター降り、おめでと~。

ちなみに、私が一番好きなのは、ドクトル・ゼーブルガーが「死ねばいい!」と言ってカウチに上がるところ。水トートは、帽子を脱ぐのと「死ねばいい!」が同時なのよ~。そして、コートを全部は脱がずに、半分脱ぎながら歌うのよ~。キャー。

::::::::本家はコチラです→a posteriori takarazuka:::::::


nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。