So-net無料ブログ作成

実現しなかった未来~「退団」に思ふ2 [ヅカってなんだ?的記事]

淡くお気に入りだった大真みらんの退団発表がついにあり。噂の段階でビクビクしてたから、公式HPに載ったときには、逆にほっとしちゃったんだけど、後から、いろんなサイトや友達からのメールで、「あんな役もこんな役もやってほしかったのにね」「こんな上級生になってほしかったのに」というのを見てたら、ぐわぁーっと何かこみ上げるものが。ううう。実現しないことがいまや確実になってしまった未来。絶対に叶うことのない未来。そういったものに涙腺がゆるんでしまったよ。

よく、女性は過去の恋愛をあまり振り返らないけど、男性は「もしあの人とその後もつきあってたら」を想像してしまうって言いますよね。私、たしかに、「もしあの人とその後も・・・」なんて、全然! 一切! 考えません。でも、ヅカファンとしての私はまったく逆なのです。「もし」を考えてしまうんです。ヅカファンて大概そういう傾向あるのかな? 大手掲示板には必ず「もしこの人が退団していなかったら」「もしこれがこうだったら」って仮定のスレッドがあるもの。この気持ちって、なんなんだろう。

やっぱり、タカラジェンヌの人生って、不可逆だからかなあ。「一度しぼったミルクは二度と牛の乳には戻らない」byホセおじさん。一度きりしかない人生。やり直すことは絶対にできない。だから、リカちゃんは相手役が違う人だったら、こんなお芝居もできたよね~、とか(あ、えみくらはえみくらなりに好きっすよ)、ブンまひコンビには、あれもこれもやってほしかった、とか、嶺恵斗は成長したら海峡ひろきみたいになったかもしれないのに、とか、必ず、実現しなかった未来というのが、鏡に映った像のようについてまわる。決して悪い意味ではなく。実現した軌跡と、実現しなかった未来、その二つセットが、タカラジェンヌの人生であるような気がしてます。

もちろん、仮定どおりに在団していたからといって、期待された結果にはならない可能性だって十分にある。第一、本人はそれとは別の新しい人生を歩む(歩んでいる)んだから、余計なお世話。そんなこと、百も承知っす。これは未練じゃなくて・・・うーんと、感謝、愛情、敬意。そう、敬意の表し方の一つなの。

実現しなかった未来がまざまざと思い描かれるってことはさ、人生が一度きりしかないってことの裏返しなのですよね。めぐり合わせが悪かったり、ちょっとした過ちがあったり、資質が足りなかったり、それでも、がんばって駆け抜けていった。ある軌跡となって実現した。その裏返しに、実現しなかった未来がある。だから、実現しなかった未来は、輝いていた過去の照射。在団していた時の頑張っていた姿の照射。どんな生徒も、程度の差こそあれ、輝いていたよ。素晴らしかったよ。そのことを、どうしても刻んでおきたいんです。

ん~、これ、なんかに似てる。あ! 『睡れる月』だ! 歴史の中にやむなく消えていった、たくさんの人たち。無残に死んでいった人たち。残された者は、今はもういない愛する人に会いたくて、月に向かって弓を射る。すると、その人が生まれ変わってまた自分の前に現れてくれる、という言い伝えのお話でした。転生なんてあるわけないとわかっていながら、転生を願わざるを得ない。実現するわけないとわかっていながら、実現しなかった未来を想像せざるを得ない! ををを、、、たっくんはヅカのなんたるかをわかってるなぁ。

あら、みらんに始まり、たっくんに終わった(笑)。

::::::::本家はコチラです→a posteriori takarazuka:::::::


nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。