So-net無料ブログ作成

紫吹淳コンサート XX SPLASH(新国立劇場 4/7 19:00 ほか) [観劇メモ]

久々に男役芸を観て、鼻血ブーでした。『シカゴ』『キャバレー』のナンバーも良かった。セクシーで大人な女性の役も観たいもんです(この場面、なぜか安奈淳に似てる気が)。『キューティハニー』も、ハニーファン(小さい頃好きだったの!)からしたら「かわいすぎ」だけど、リカちゃん的にはOKOK。

んが、それ以外の80年代洋楽の場面がどーしても乗れないんです、私。。。特に一度目のコンサートは全編そのノリだったから、ダメだった。退団してからの大きなお仕事というと『喝采』、一度目のコンサート、『グッバイチャーリー』、『THE BOY FROM OZ』、『グランドホテル』、そして今回の二度目のコンサート、なわけですが、どーも私、ストレートプレイやミュージカルに比べて、コンサートは盛り上がりません。どうしてだろー?  単に音楽の好みが合わないってこと? 同世代なのに?(私の好みが古すぎ)

現役時代はもちろん、男役芸に恋をしておりました。退団してからは、それはメインではなくなってしまいます。じゃあなんで、それなりに見続けているかというと、役者として好きだから、だと思う。役へののめり込み方が、観てて面白い。つまり、コンサートは「役」じゃないから、つまらないのかな~? 今回は前回と違って、男役場面もそれなりにあり、ミュージカルのナンバーも多々あり。それらは、「役」だものね。「役者紫吹淳」じゃなきゃ好きじゃないのかな~?

Non Non! それを言ったら、去年のターコさん(麻実れい)のリサイタルはどうだった? すごく楽しかった、幸せだった。知らない曲、ミュージカルの背景を持ってない曲でも、楽しかったじゃん。だから「役」かどうかじゃないんだよ。

それで思い出したのは、こないだ観た『越路吹雪物語』でのピーター。首をカクカクさせて、越路吹雪の仕草を真似てた。あれだよ、あれ! 歌っているときの仕草、表情って、すごく大事だ。すばらしい歌唱の技術を持っている人なら、歌うだけでいいかもしれないけど、歌手を観に行くってのは、それだけじゃないんよ。歌っているその人を観ているんだから、ああ、歌手〇〇〇を観たなあって思わせる、仕草や表情が必要なんだ! ターコさんの「むは〜っ」っていう鼻息、肩のすくめ方。OGに限らず、演歌歌手の腰の使い方(もしくは直立不動)、吉田美和の手の使い方etc。そういうものを観て満足するんですよ。

リカちゃんにはたぶん、「歌手(女バージョン)紫吹淳」としての仕草や表情、つまり「スタイル」がまだ無いんだね。もしくは、すでにあったとしても、私好みではない。もしくは、すでにあったとしても、男役としてのスタイルに匹敵するほどではない。もしくはそういうものを必要としないタイプのコンサートでありたいのか。。。

でもこれからも応援していきますよん。(ターコさんのリサイタルのDVDを流しつつ  笑)

::::::::本家はコチラです→a posteriori takarazuka:::::::


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。